WOW! JAPAN

金沢のリーズナブルな宿泊施設5選

旅行中はできれば宿泊費用を抑えて、グルメや遊びをより充実させたいものですよね。今回は金沢でおすすめのリーズナブルな宿泊施設を5つご紹介します。

2017.01.12
お気に入りに追加

1. ホテルマイステイズ金沢キャッスル

金沢駅から徒歩5分。市内や他地域への観光拠点としても便利な立地にあるホテルです。2016年に全館改装した清潔な館内と、2階に半露天風呂の大浴場があり、旅の疲れをゆっくり癒せます。1階には和洋ブッフェがあり、朝食付きプランもありますよ。各室に低反発枕、加湿機能付き空気清浄器、コンセント、バス、シャワートイレ、アメニティ、ナイトウェア、冷蔵庫も完備しています。

チェックイン 3:00 pm - チェックアウト 翌11:00 am/4,000円(税込)~/クレジットカード使用可/WiFi接続無料


1. ホテルマイステイズ金沢キャッスル

2. スマイルホテル金沢

金沢の繁華街(片町・香林坊)にあるホテルで、兼六園や金沢21世紀美術館も徒歩圏内です。飲食店が多いエリアに加え、門限がないので便利。1時間ごとに500円の延長料金で、チェックアウトを遅らせることもできます。レディースプラン特典ではアメニティセットをプレゼント。ビジネスプランには二日酔い対策のウコンの力とミネラルウォーター付きといったお得なプランがあり、2連泊以上すると別のプレゼントがあることも。各室にTV、デュベ(羽毛)布団など完備。レンタルパソコン(有料)、有料マッサージもあります。

チェックイン 3:00 pm - チェックアウト 翌10:00 am/4,100円(税込)~/クレジットカード使用可/WiFi接続無料

※写真はスマイルホテル函館

3. ヴィアイン金沢

金沢駅構内にある唯一のホテル。随所に見られる古都金沢らしいインテリアが好評です。シングルルーム全室に140cm幅のダブルベッドと加湿機能付き空気清浄機を設置。エアコンは寒冷地仕様を採用しているので、冬の金沢でも快適にステイできます。朝食は駅ビル内の提携店舗で食べることができます。1階にはコンビニがあるので何かと便利。24時間フロント対応と従業員の巡回を実施しているので、女性の一人旅でも安心です。全室にTV、バス、シャワートイレ、アメニティ、冷蔵庫も完備。レンタルパソコン(有料)もあります。

チェックイン 3:00 pm - チェックアウト 翌10:00 am/4,800円(税込)~/クレジットカード使用可/WiFi無料接続

※写真はイメージです

3. ヴィアイン金沢

4. ホテル クラウンヒルズ金沢

金沢の繁華街(片町・香林坊)に隣接した場所にありながら静かな環境にあるホテル。観光拠点としてもおすすめで、兼六園、武家屋敷には徒歩5分、金沢21世紀美術館には徒歩2分という好立地。全室にシャワートイレ完備で、20種近くの無料貸し出し用品サービスがあります。また、コーヒー、1,000冊のマンガ本コーナー、マッサージチェア、パソコン(プリンター付き)が無料で利用できます。大浴場とサウナは男女入れ替え制で利用でき、旅の疲れを癒すのに最適。1階にはレストランが併設されていて、前日までの予約なら500円(税込)で和洋50種の朝食バイキングを楽しめます。公式サイトからの予約でミネラルウォーターもしくはオロナミンCのプレゼントもありますよ。

チェックイン 3:00 pm - チェックアウト 翌10:00 am/5,065円(税込)/クレジットカード使用可/WiFi接続無料


5. ビジネスホテル レマン

金沢のほぼ中央に位置するホテルで、有名観光地にもアクセスの良い場所にあります。客室は和・洋室を選べ、フロントは24時間対応なので遅い時間のチェックイン・帰宿も安心。全室ダブルベッドを設置しているので、ゆっくり旅の疲れを癒せます。全室有線LAN完備(レンタルパソコン無し)、TV、冷蔵庫、タオル、ナイトウェア、アメニティ完備。マッサージサービスあり(有料)。冬季は電気敷毛布を用意しています。

チェックイン 4:00 pm - チェックアウト 翌10:00 am/3,800円(税込)~/クレジットカード使用可/WiFi接続無料

※写真はイメージです

5. ビジネスホテル レマン

北陸を代表する古都・金沢には名所旧跡が数多くあり、さらに近代建築や美術品めぐりも楽しめます。恵まれた海の幸の洗練された料理や茶菓のほか、伝統工芸品も見逃せません。ゆっくりした旅程で金沢の旅をご堪能ください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: KOU

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事