WOW! JAPAN

一度は行ってみたい!金沢のおすすめ料亭5選

金沢は、日本海に面した石川県の中心。城を中心に発展した金沢には城下町の風情が残り、歴史と伝統文化が感じられます。そんな金沢で、伝統料理である「加賀料理」をはじめ、現代の食文化も堪能できる料亭5選です。

2017.03.30

1. つば甚(じん)

260年以上の伝統をもつ老舗料亭です。建物も100年前に建てられた歴史あるもの。特に、柱を間に用いない工法で造られた200畳(約350平方メートル)もある壮大な大広間は圧巻。初代総理大臣ほか、多くの有名人が利用した部屋も残っています。いただける料理は、四季折々の食材を使ったコース形式の「会席料理(15,000円~30,000円(税抜))」。郷土料理「治部煮(じぶに)」や高級魚「のど黒」の焼き物もご堪能あれ。

2. 金沢 山乃尾

金沢の街を一望する山の手にある料亭。いくつもの個室が点在する2,000坪(約6,600平方メートル)の広さがある庭園から見る夕日は絶景です。食事は、コース形式の会席料理。「昼の料理」(10,000円(税抜・奉仕料別)~)と「夜の料理」(13,000円(税抜・奉仕料別)~)があります。また、料亭の味を好みの場所で味わえる「お弁当(2,700円~3,780円(税込))」を注文することも可能。2名から、前日までの予約が必要です。

3. 辻家庭園

100年ほど前に造られた家屋と庭園を再生した料亭で、結婚式場としても人気です。食事は「昼食(6,000円~15,000円(税・奉仕料込))」と「夕食(10,000円~15,000円(税・奉仕料込))」。さらに、壁や柱に贅を尽くした最高級賓室「群青(ぐんじょう)の間」でいただく1日2組(4名~8名)限定の極上懐石料理(18,000円(税抜・奉仕料込)~)もあります。食事はすべて完全予約制で、3日前までの予約が必要。庭園の見学もできます(入園料500円)。

4. 弁慶

金沢駅前に建つ高層ホテルの6階にあるお店。ホール席、座敷、寿司カウンター席、茶室風の個室など、用途に合った席で食事を楽しめます。提供されるのは、寿司を中心とした日本料理。地域の山海の幸を使った弁当やミニ会席などのランチ(2,980円~10,000円)、極上のネタをふんだんに使ったディナー(10,000円~20,000円)を召し上がれ!人気店なので、予約しておくことをおすすめします。

5. 御料理 貴船(きふね)

城下町である金沢には、住まいと店舗を兼ねた「町家」と呼ばれる古い住宅が残っています。こちらは町家を改装した日本料理店。昼4組、夜4組限定でゆっくりと食事が楽しめる人気のお店です。提供される料理は、旬の食材を使った懐石や創作和食のコース。昼は2,500円、3,500円、5,000円の3種類。夜は5,000円、6,000円、8,000円の3種類です。毎月1日に予約を募る完全予約制ですが、半年先になることもあるようです。

5. 御料理 貴船(きふね)

「加賀料理」の特徴は、見た目の美しさ。その演出に使われるのが、料理を盛りつける華やかな絵柄の器です。よく使われるのは、金沢で生まれた磁器である「久谷焼(くたにやき)」。食べ終えた器も、目で味わえますよ。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: KUS

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!