WOW! JAPAN

金沢

グルメ

金沢のおすすめ和菓子店5選

2016.11.10

Writer name : sato

茶の湯文化の隆盛とともに発展してきた金沢の和菓子文化。味はもちろん、見た目にも美しい和菓子はまるで芸術作品のようです。今回は金沢でおすすめの和菓子店5選をご紹介します。

1. 森八茶寮

1625年の創業から約390年、金沢の歴史とともに歩んできた伝統ある和菓子店です。お店の建築は金沢の商家をイメージしており、天然木材と土壁を使用したあたたかみのあるつくり。そんな店内では、ゆったりとくつろぎながら、和菓子とお茶を楽しむことができます。おすすめは「お抹茶と上生菓子のセット(700円(税込))」。提供される上生菓子は四季折々で変わるので、なにがでてくるかは訪れてのお楽しみ。おみやげには、日本三名菓のひとつである「長生殿生〆(1,167円(税込)から)」もありますよ。また、落雁の手作り体験(1,296円(税込))をすることができたり、本店の2階には「金沢菓子木型美術館(入館料:大人200円、子ども100円(税込))」もあるので、おいしいお菓子を楽しむだけでなく、金沢の菓子文化について学ぶこともできます。


1. 森八茶寮


公式ホームページ(日本語のみ)

2. 不むろ茶屋

「街並みの文化財」として保存策が進められている「ひがし茶屋街」。その江戸情緒を残す街並みの一角にあるのが、金沢の伝統的な食文化「加賀麩」を使った甘味を楽しめる「不むろ茶屋」です。加賀麩の専門店が経営するこのお店のおすすめは、香ばしく炙った生麩に、やさしい甘さの白味噌だれをからめた「名代みそだれ田楽麩(480円(税込))」。生麩の軽い食感と濃厚な味噌だれの相性は絶妙で、5串セットですがペロリと食べられちゃいます。田楽麩と並んで人気の高い「粟麩のお汁粉(550円(税込))」は、モチモチした食感がまるでお餅のようで癖になる味ですよ。


2. 不むろ茶屋


公式ホームページ(日本語のみ)

3. ヤマト醤油味噌 東山直売所

最近では、アイスクリームにかける専用の醤油が発売されるなど広く知られることになりましたが、金沢では昔から醤油ソフトクリームが親しまれていました。この「ヤマト醤油味噌 東山直売所」では、老舗醤油蔵のおいしい醤油を使った「醤油ソフトクリーム(350円)」を食べることができます。口に入れれば濃厚かつミルキーで、醤油の風味がしっかりと感じられる味わい。たとえるならば、キャラメルのような味といったところでしょうか。食べ歩きは禁止されているそうなので、おちついた雰囲気の店内でゆっくりと味わいましょう。生醤油や生玄米甘酒など、金沢名産のおみやげも一緒に買っていけるのもポイントですよ!


3. ヤマト醤油味噌 東山直売所


公式ホームページ

4. 茶房 一笑

和菓子とともに、おいしい加賀茶を楽しみたいという人におすすめなのが「茶房 一笑」です。なんと昭和天皇に「献上加賀棒茶」を献上したという老舗・丸八製茶場が経営しており、お茶へのこだわりは随一。茶器の並べられた趣きのある店内で、店員さんが加賀棒茶、煎茶、お抹茶など、好みのお茶をきちんと鉄瓶で淹れてくれます。ぜひとも、お菓子つきのセット(1,080円)で楽しみたいところですね。二階は地元のアーティストによるギャラリーになっているので、お茶を楽しんだあとには、こちらにも立ち寄ってみましょう。ゆっくりと時間の止まったような感覚になれるお店です。


4. 茶房 一笑


公式ホームページ(日本語のみ)

5. 甘味カフェ 茶ゆ

豆腐や玉露、味噌、醤油などの地元食材を使ったユニークなアイスで人気なのが「甘味カフェ 茶ゆ」です。人気は、竹炭を入れて黒く仕上げたモナカに、好みのアイスをはさんだ「東山アイスもなか(330円(税込))」。もち米でつくられたモナカのサクサクと香ばしい味わいは、一度食べたらクセになることうけあいです!江戸時代から続いた銭湯の資材置き場を改装してつくったというお店は、一階はアイスクリームショップ、二階は座敷になっており、二階では「冷やし抹茶クリームぜんざい(800円(税込))」「白玉あんみつ(730円(税込))」などの本格的なメニューを、落ち着いた和空間でゆったりと楽しむことができますよ。


5. 甘味カフェ 茶ゆ


公式ホームページ(日本語のみ)

いかがでしたか?北陸新幹線の開通で、移動もぐっと便利になった金沢。ぜひ、伝統の和菓子を味わってみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!