close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

日本を代表する温泉地であり、豊かな自然に恵まれた高原の避暑地としても知られる箱根。温泉や名所旧跡、アートスポットからグルメまで、箱根を旅するなら絶対に外せない定番スポットを30選、ご紹介します!

箱根のアクセス

箱根へのアクセスは、東京都心からなら小田急線の特急ロマンスカーがおすすめ。新宿駅から箱根の玄関口である箱根湯本駅まで、最速73分で到着します。関西方面からの場合は、新幹線小田原駅で箱根登山電車に乗り換えて約15分。このエリアを旅するなら、「小田急線の発駅(東京・新宿駅など)から神奈川・小田原駅までの往復運賃」、「箱根エリアの8つの交通機関乗り放題」、「各種施設優待」の3点がセットになった、お得な「箱根フリーパス」をぜひ活用してください!小田急線の各駅などで購入できますよ。

おすすめの観光時期

四季折々の自然が美しい箱根はいつ訪れても魅力的ですが、なかでもベストシーズンは初夏と秋。高原ならではの涼しい空気が心地よい初夏、5月から7月中旬にかけてはツツジやアジサイなどが咲き誇り、避暑地・箱根のリゾートムードを際立たせます。そして秋は、箱根が最も箱根らしくなる季節!赤や黄色に染まった紅葉が山すそや渓谷を染め上げ、あるいは風にそよぐ草原のススキが、叙情的な風景を見せてくれます。

おすすめの観光スポット&アクティビティ

温泉の楽しめる高原のリゾート地として発展してきた箱根には、多彩な観光スポットがそろっています。富士山や芦ノ湖などのダイナミックな自然景観、歴史を感じさせる史跡や由緒ある神社、伝統が育んできた工芸体験、温泉やこの町ならではのご当地グルメで、箱根の魅力を存分に楽しんでください!

彫刻の森美術館で彫刻を鑑賞する

箱根を代表するスポットとして、およそ半世紀にわたって親しまれているのが彫刻の森美術館。箱根の雄大な自然を背景に、アート作品の野外展示や世界の名画を間近に見ることができます。なかでも、イギリス彫刻界の巨匠として知られるヘンリー・ムーアのコレクション全26作品は、世界屈指の規模。また、20世紀を代表する画家であるパブロ・ピカソのコレクション約300点も必見です!高原の涼しい風を感じながら、アートなひと時を楽しんでください。

入館料:一般1,600円、大学生・高校生1,200円、小・中学生800円

彫刻の森美術館で彫刻を鑑賞する

神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121

箱根神社で湖畔の鳥居を見る

芦ノ湖の湖畔にある箱根神社は、1000年以上も昔から人々の信仰を集めてきた古い社。森に囲まれた境内には、重厚な雰囲気を醸し出す本殿を中心に社が点在し、数多くの参拝者でにぎわっています。ここで必ず見ておきたいのが、湖の上に浮かぶ「平和の鳥居」。参道の石段を湖の畔まで歩いていけば、富士山を借景にして湖上に浮かぶ朱色の大きな鳥居が、箱根らしい独特の風景となって目の前に現れます。

箱根神社で湖畔の鳥居を見る

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1

九頭龍神社新宮の龍神水を飲む

箱根神社本殿の隣に立つ九頭龍神社新宮は、芦ノ湖の湖上にある九頭龍神社の分社。縁結びにご利益のあるパワースポットとして、若い旅人たちの人気を集めています。この神社の脇にある階段を降りると現れるのが、名水として知られる「龍神水」。9つの龍の口から流れ出る清らかな水は、不浄を清め、良縁を引き寄せるご利益があるとか。お札やおみくじを売る授与所では、龍神水持ち帰り用のペットボトルも売っていますよ。

九頭龍神社新宮の龍神水を飲む

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1

箱根ガラスの森美術館を訪れる

日本初のヴェネチアン・グラス専門美術館として人気を集めているのが、箱根ガラスの森美術館です。敷地内には、15世紀から19世紀にかけて発展したヴェネチアン・グラス美術館を中心に、現代ガラス美術館、ガラス作品やオブジェが美しい庭園、ミュージアムショップやカフェ・レストランなどがあります。ここでぜひ楽しんでほしいのが、ガラスの体験工房。世界に一つだけの、オリジナルガラス工芸作りにチャレンジしてください。

入館料:大人1,500円、高校・大学生1,100円、小・中学生600円

箱根ガラスの森美術館を訪れる

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48

芦ノ湖で海賊船に乗る

箱根を代表する景勝地である芦ノ湖の魅力を存分に楽しみたいのなら、必ず乗ってみたいのが箱根海賊船!「ロワイヤルⅡ」「ビクトリー」「バーサ」の3隻の海賊船が、湖の南にある箱根町港、元箱根港、北にある桃源台港の3カ所を結んでいます。それぞれの港を巡って乗船した港まで戻る往復なら、およそ1時間のクルージングが楽しめますよ。船の上から、湖上に映える箱根神社の鳥居とその背後にそびえる富士山など、絶景の数々を満喫してください。

乗船料(往復):大人1,840円、子ども910円

芦ノ湖で海賊船に乗る

神奈川県足柄下郡箱根町箱根161

箱根ロープウェイで空中散歩を満喫

箱根のダイナミックな風景を空中から望む箱根ロープウェイ。早雲山駅から芦ノ湖にほど近い桃源台駅まで、およそ4kmの区間を約24分で結びます。ゴンドラは最大で地上130mの高さを進み、大きな窓から望む絶景は思わず息をのむほどの大迫力。もうもうと温泉の湯気を上げる大涌谷や富士山の大パノラマに加え、空気の澄んだ日には遠く東京スカイツリーを望むこともできます!

箱根ロープウェイで空中散歩を満喫

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251

箱根園水族館でアザラシの温泉芸を見る

箱根園水族館は、海抜723mの高原にある山の上の水族館。海水魚を飼育する水族館としては、日本で一番標高の高い所にあることも特徴です。園内には海の生き物を展示する「海水館」、川や湖の生き物が見られる「淡水館」、そして「バイカルアザラシ広場」と3つの施設を用意。なかでも、バイカルアザラシ広場でのショーは必見!飼育員に渡された桶とタオルを使った「温泉に入る芸」は、全国でもここでしか見られないユニークなパフォーマンスですよ。

入園料:大人1,500円、子ども(4歳~小学生)750円

箱根園水族館でアザラシの温泉芸を見る

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139

箱根美術館の苔(こけ)庭・竹庭を鑑賞する

箱根で最も歴史のあるアートスポットとして、貴重な東洋美術品の数々を展示・収蔵しているのが箱根美術館。館内では紀元前の土器から19世紀の磁器まで、日本の陶磁器の名品を間近に見ることができます。この美術館のもう1つの見どころが、美しい庭園。ことに垣根や渓流に囲まれた1,900平方メートルの空間に、約130種類の苔と200本の紅葉が植えられた苔庭は、絵画のような美景が広がります。美術館本館の外観とも調和した、中国風の庭園・竹庭も見逃せません!

観覧料:一般900円、高校・大学生400円

箱根美術館の苔(こけ)庭・竹庭を鑑賞する

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300

星の王子さまミュージアムで名作の世界に浸る

フランスの国民的作家であるサン=テグジュペリの代表作であり、世界中で親しまれている名作「星の王子さま」。その世界を間近に感じられるのが、箱根仙石原にある星の王子さまミュージアムです。館内の展示ホールでは、作者の写真や手紙など貴重な史料の数々を展示。映像ホールでは400インチのスクリーンで、作者の生涯と物語を紹介するオリジナル映像が楽しめます。物語の世界観を表現した庭園や小径、ミュージアムショップも魅力的ですよ。

入館料:大人1,600円、高校・大学生1,100円、小・中学生700円

星の王子さまミュージアムで名作の世界に浸る

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909

箱根小涌園ユネッサンでバラエティ豊かなお風呂を楽しむ

箱根といえば、やっぱり温泉!そんな人にぜひおすすめしたいのが、箱根小涌園ユネッサン。施設は、露天風呂や檜風呂など日本の伝統的な温泉入浴が楽しめる「森の湯」をはじめ、水着着用ではいる全天候型スパ「ユネッサン屋内エリア」、季節を問わずに楽しめる温水大型ウォータースライダーを備えた屋外温泉の「ユネッサン屋外エリア」の3つを用意。カップルでも家族連れでも、多彩なお風呂で気軽に箱根の温泉が満喫できます。

入場料:森の湯(温泉エリア)大人1,900円、子ども1,200円、ユネッサン(水着エリア)大人2,900円、子ども1,600円、パスポート(森の湯・ユネッサン)大人4,100円、子ども2,100円

箱根小涌園ユネッサンでバラエティ豊かなお風呂を楽しむ

神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297

箱根登山ケーブルカーの車窓を楽しむ

箱根登山ケーブルカーは、箱根を代表する温泉地の1つである強羅から標高750mの早雲山の間約1.2kmを10分で結んでいます。強羅と早雲山の間の高低差はおよそ200mもあり、急斜面をケーブルカーがゆっくり登っていく様子は箱根を代表する風景の1つです。車窓から望むのは、箱根の森の豊かな緑。初夏には線路沿いにアジサイの鮮やかな花が咲き誇り、旅の風景に彩りを添えてくれます。

箱根登山ケーブルカーの車窓を楽しむ

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-329

箱根登山電車でスイッチバックを体験する

箱根への玄関口である小田原から箱根湯本を経て強羅まで、およそ15kmを約1時間で結ぶのが箱根登山電車。「登山電車」という名前の通り、急勾配や急カーブなど箱根らしい起伏に富んだ地形を走るのが特徴です。なかでも、険しい斜面を上り下りするために進行方向を変える「スイッチバック」は、この電車の見どころ!スイッチバックは、塔ノ沢駅から大平台駅をへて宮ノ下駅に至るまでの間に3回行われます。箱根の山を彩る、鮮やかな紅葉やまぶしい新緑の車窓風景も逃せません。

箱根登山電車でスイッチバックを体験する

神奈川県足柄下郡箱根町大平台

秋に仙石原高原を訪れてすすきと紅葉を見る

仙石原の名所「すすき草原」は、秋の箱根を代表する景勝地。穏やかな稜線を見せる台ヶ岳の山すそに広がる斜面全体を、陽ざしに輝くすすきがおおい尽くします。風に揺れるすすきの草原風景は印象派の風景画のような美しさで、「かながわの景勝50選」や「かながわの花の名所100選」にも選ばれています。仙石原でもみじなどの紅葉を楽しむのなら、仙石原と宮城野温泉の間を結ぶ国道138号線沿線がおすすめ。

秋に仙石原高原を訪れてすすきと紅葉を見る

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原

箱根関所で大きな門を見る

箱根関所は、19世紀頃まで東京と京都を結ぶ東海道の要衝であった箱根に設けられた、検問や通行税徴収のための施設です。街道にはこうした関所がいくつかありましたが、箱根の関所は当時の首都・江戸に近いことから、特に厳しい検問が行われていました。現在、関所跡には当時の施設が復元されており、かつての検問や取り調べの様子を知ることができます。関所の黒々とした大きな門を目の前にすると、昔の旅人が感じた緊張感を味わえるかもしれませんよ。

観覧料:大人500円、小学生250円( 土・日・祝日は小・中学生無料)

箱根関所で大きな門を見る

神奈川県足柄下郡箱根町箱根1

箱根強羅公園でお茶体験をする

広大な敷地に左右対称・幾何学的に池などを配置した、日本初のフランス式整型庭園が箱根強羅公園。100年ほど前に上流階級の保養施設として造られましたが、現在は一般に開放され、箱根を代表する花と緑の名所となっています。ここで海外からの旅行者に人気なのが、園内にある白雲洞茶苑での点茶(お茶体験)。わびさびを感じる伝統的茶室で、誰でも気軽に茶道の一端にふれられます。凛とした雰囲気の数寄屋で、本物の抹茶を召し上がれ。

茶席ご観料(点茶券・お菓子付き):500円

箱根強羅公園でお茶体験をする

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300

箱根ジオミュージアムで箱根の歴史を学ぶ

箱根は、地球活動の遺産を主な見どころとする自然公園として、「箱根ジオパーク」に選定されています。そんな箱根の大自然の成り立ちを身近に感じられるのが箱根ジオミュージアム。館内には、箱根の景勝地を紹介する幅約9mの大型スクリーン「ジオビジョン」をはじめ、温泉や火山の歴史を紹介する映像や模型などが盛りだくさん。展示物を見た後は屋外フィールドの大涌谷で、実際に活動する火山の様子を体感してください!

入場料:100円

箱根ジオミュージアムで箱根の歴史を学ぶ

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251 大涌谷くろたまご館1F

山のホテル庭園で自然を楽しむ

芦ノ湖の岸辺にある「山のホテル」は、ツツジやシャクナゲなど花の名所として知られる大庭園があることで有名。湖畔の丘陵地という地形を巧みに生かした起伏のある庭園は、季節の花の向こうに芦ノ湖や富士山を望む、箱根でも有数の景勝地です。5月上旬からは約30種3,000株のツツジと、約20種300株のシャクナゲが色とりどりに咲き誇ります。その後にはアジサイ、春と秋に咲くバラや晩秋の紅葉の美しさも見逃せませんよ。

山のホテル庭園で自然を楽しむ

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80

岡田美術館で足湯体験する

岡田美術館は、古代から現代までの日本や中国、韓国を中心とした東洋美術を展示・収蔵するアートスポット。美術作品の展示のほか、約1万5,000平方メートルの庭園も、この美術館の見どころです。自然の森と滝や池などの水辺の風景が一体となった庭は、四季折々の箱根の自然を間近に感じることができます。散策の後にはぜひ、建物正面にある足湯に立ち寄ってください。風神・雷神の大壁画を目の前に、温泉に足をつけながらドリンクをどうぞ。

入館料:一般・大学生2,800円、小・中・高校生1,800円、庭園入園料300円、足湯入湯料500円※美術館入館者は足湯は無料

岡田美術館で足湯体験する

神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1

箱根ラリック美術館でジュエリーやガラス工芸を鑑賞する

アール・ヌーボーやアール・デコを代表するフランスの宝飾・ガラス工芸家である、ルネ・ラリックの作品が一堂に会するのが箱根ラリック美術館。館内の常設展示では、歴史的室内装飾からオリエント急行の内装まで、1,500点のコレクションから選ばれた約230もの作品を展示。パリにあったラリックの邸宅の一室を移築・再現したコーナーや、彼が内装を手掛けた豪華なオリエント急行の車両展示も見逃せません。

入館料:大人1,500円、大学生・高校生・シニア(65歳以上)1,300円、小・中学生800円

箱根ラリック美術館でジュエリーやガラス工芸を鑑賞する

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186-1

恩賜箱根公園から芦ノ湖と富士山の絶景を見る

恩賜箱根公園は、かつて日本の皇族の避暑地として、また海外の賓客を招く離宮として建てられた「旧箱根離宮」の跡地を整備した公園。箱根を代表するビュースポットとして知られ、数多くの観光客が訪れています。こちらで必ず見ておきたいのが、湖畔展望館からの眺望。2階にある休憩室やバルコニーからは、富士山や箱根外輪山を借景にした芦ノ湖の大パノラマが広がります。絶景をバックに、記念撮影を忘れずに。

恩賜箱根公園から芦ノ湖と富士山の絶景を見る

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根171

金時山で登山する

金時山は、日本人に古くから親しまれている昔話、童話「金太郎」ゆかりの山。登山道がよく整備されていることから、気軽にハイキングが楽しめる山としても人気です。おすすめのルートは、仙石原にある麓の公時神社から標高1,212mの山頂を目指す全長2.1kmのコース。神社から頂上までは1時間15分ほどです。山頂からは芦ノ湖や富士山、駿河湾から遠く南アルプスまで、視界を遮るもののない大パノラマが広がりますよ!

金時山で登山する

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原

秋の長安寺を訪れる

仙石原の一角にたたずむ長安寺は、600年を超える歴史を持つ由緒あるお寺。木々の緑に包まれた静かな境内には、わびた風情が漂います。こちらは紅葉の名所としても知られ、毎年11月中旬には、イロハモミジやケヤキ、ブナなどの葉が赤や黄色に染まり、日本の古い絵画である錦絵のような美しい風景を見せてくれます。境内には五百羅漢と呼ばれる無数の石仏があり、その表情豊かな造形も見逃せません。

秋の長安寺を訪れる

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原82

箱根湯本の温泉街でお土産を買う

箱根の玄関口である箱根湯本の駅前には、数多くの商店が軒を連ねており、お土産探しに困ることはありません。箱根のお土産には、全国的に有名な寄木細工をはじめ、湯の花(温泉の沈殿物で入浴剤として使用)や温泉を活用したコスメ、温泉まんじゅうに代表されるご当地スイーツ、古くから箱根を旅する人たちの保存食として利用された塩辛や梅干しなどがありますよ。

箱根湯本の温泉街でお土産を買う

神奈川県足柄下郡箱根町湯本

強羅の温泉でリラックス

強羅温泉は、もともとは上流階級の別荘地として発展した温泉地。現在もリゾートムードあふれるハイクラスの旅館が多いのが特徴です。温泉にはタイプの異なる5つの泉質の湯があり、乳白色から淡い緑色まで多彩な色をしていることから「パステルカラーの湯」とも呼ばれます。宿泊はもちろん日帰りでも温泉入浴ができる宿が多いので、旅の疲れを強羅の湯で癒やしてみてはいかがでしょう?

強羅の温泉でリラックス

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-185

箱根園で寄木細工を買う

様々な種類の木材を使い、複雑な幾何学模様を作り出す寄木細工は、箱根を代表する伝統工芸品。なかでも特殊な仕掛けを施して簡単には開けられないようにした「秘密箱」と呼ばれる寄木細工は、箱根ならではのお土産として人気です。そんな寄木細工のショッピングが楽しめるのが、芦ノ湖の畔にあるレジャー施設・箱根園内の寄木細工コーナー。販売、材料や工程の展示のほか、10名以上なら、寄木細工のコースター作り体験(要予約)もできますよ。

箱根園で寄木細工を買う

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139

箱根強羅夏まつり大文字焼を楽しむ

毎年8月16日の夜に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼は、1921年から100年近くにわたって続いている夏の風物詩。亡くなった人の魂を慰める日本の伝統行事である、お盆の送り火として、山の中腹に巨大な「大」の字の火がたかれます。その大きさは文字の太さ7.5m、長さは最大で108m!大文字焼と併せて花火大会も行われ、強羅の夏の夜空が幻想的に染まります。

箱根強羅夏まつり大文字焼を楽しむ

神奈川県足柄下郡箱根町強羅

芦ノ湖夏まつりウィーク湖水祭花火大会を見に行く

例年7月31日から8月5日までの6日間は、「芦ノ湖夏まつりウィーク」として連日お祭りと花火大会が行われます。なかでも初日に行われる「湖水祭」は、芦ノ湖の守り神である龍を崇める由緒あるお祭り。この日の夜に行われる花火大会は、夏まつりウィークのなかでも最大規模で、約4,000発の花火が夜の湖上を彩ります。湖で行われる花火大会ならではの、水中花火も必見ですよ!

芦ノ湖夏まつりウィーク湖水祭花火大会を見に行く

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根

おすすめのグルメ

古くから温泉地として、また避暑地として発展した箱根には、旅人を楽しませてくれるグルメが盛りだくさん!伝統の味から和のスイーツまで、必ず味わってみたい美味を厳選して3品、ご紹介します。

箱根湯本で名物の湯葉丼を食べる

箱根湯本駅から歩いて3分という好立地にある「『湯葉丼』直吉」は、店名の通り湯葉を使った料理がおいしい店。古くから名水として知られてきた箱根・大平台の「姫の水」を使い、豆乳を熱して作る汲みあげ湯葉を熱々の土鍋でいただくのが「湯葉丼(980円(税込))」。湯葉の旨味を出汁が引き立てる看板メニューです。湯葉丼に湯葉の刺身や豆腐などの料理が付く「湯葉丼+湯葉刺しセット(1,520円(税込))」もおすすめ。

箱根湯本で名物の湯葉丼を食べる

神奈川県足柄下郡箱根町湯本696

箱根名物まんじゅうを食べる

お土産やおやつとして温泉に欠かすことのできないのが、こねた小麦粉の中にあんを入れて蒸したお菓子・まんじゅうです!日本の温泉町には、どこに行っても必ずご当地まんじゅうがあり、それらは「温泉まんじゅう」といわれます。箱根にも、伝統的なスタイルの温泉まんじゅうから一味違った素材を使うオリジナリティあふれるものまで、様々なまんじゅうがありますよ。ぜひ、食べ比べを楽しんでみてください。

箱根名物まんじゅうを食べる

大涌谷で温泉卵を食べる

箱根を代表するご当地グルメとして有名なのが、大涌谷の温泉卵。殻が真っ黒な温泉卵は、見た目のインパクトも満点です!温泉卵は、約80度の温泉池に1時間ほど沈められ、さらに100度になる天然の温泉蒸気で15分蒸して完成。殻が真っ黒になるのは、温泉成分の化学反応のためだとか。昔から、「食べると7年寿命が延びる」と言い伝えられています。おいしく縁起もいい大涌谷の温泉卵を、ぜひ一度召し上がってください。

大涌谷で温泉卵を食べる

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251

豊富な温泉に恵まれ、昔も今もリゾート地として親しまれている箱根には、今回ご紹介した30選以外にも数多くの見どころがあります。何度訪れても新しい発見と感動がある、湯良し、風景良し、グルメ良しの箱根の旅を満喫してください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!