WOW! JAPAN

食べて歩いて楽しみ尽くす!「横浜中華街」の魅力に迫る

グルメにショッピングに魅力的な観光名所が盛りだくさんの「横浜」。中でも500軒以上の店舗が集まる「横浜中華街」は絶対にはずせない人気スポットです。今回の記事ではその人気のヒミツに迫ります!

2017.04.27
お気に入りに追加

横浜中華街とは?

約150年弱の歴史を誇り、東アジア最大の面積(約0.2平方km)をもつ中華街です。レストランはもちろん、中国の食材・おみやげなどを販売するお店、占いなど多種多様な店舗がずらり!中国情緒たっぷりの街はそぞろ歩くだけでも楽しさ満点です。パレードやイベントも盛大に行われ、年間2,000万人を超えるほどの人々が訪れる大人気の観光スポットです。


パワースポットを訪れる!

中華街の中で、ひときわ目を引く華やかな建物「横濱関帝廟」と「横濱媽祖廟」。いずれも中国の代表的な道教の神様が祀られている場所で、風水的に非常によい立地にあることなどから、さまざまな御利益のある「パワースポット」として人気を呼んでいます。

横濱関帝廟

中華街の真ん中に位置する「横濱関帝廟」は、150年以上前に建立されたもの。祀られているのは、中国の有名な将軍「関羽」です。関羽は商売の神様として信仰されており、日本という異国の地で商いをする華僑の人々の心の拠り所といわれています。商売繁盛のほか、交通安全・入試合格・学問などの御利益もあるとか。ぜひ一度お参りしてみてはいかが?


横濱媽祖廟

開港150周年を迎えた2006年、横浜の新名所として創建された「横濱媽祖廟」。ここには、航海・漁業の守り神として、中国沿海部を中心に信仰を集める女神「媽祖」が祀られています。そのほかにも、さまざまな神様が祀られており、御利益は子宝や学問成就など多岐にわたります。中でもひときわ有名なのが「恋愛成就」と「金運上昇」!ぜひ一度参拝してみてくださいね。


雑貨店めぐり&散策を楽しむ!

エネルギーあふれる街中をそぞろ歩きながら、いろいろなお店をめぐるのも、横浜中華街の楽しみ方のひとつ。中国ならではのグッズはもちろん、アジア・中南米・アフリカなどさまざまな国の品々がたくさん売られています。例えばチャイナドレスなどの民族衣装やスカーフなどの布類、中華凧やランタン、インテリア雑貨にアクセサリー、お皿に人形などなど…、数え上げればキリがないほど!ぜひお気に入りを見つけてくださいね。


食べ歩きを楽しむ!

散策の途中、あたりの飲食店からいいにおいと湯気が漂ってきて、ついついおなかが「グー…」。そんなときは、思いっきり「食べ歩き」を楽しみましょう!例えば、「豚まん(肉まん)」や「北京ダック」、「フカヒレ入りスープ」に「小籠包」といった中国料理のテイクアウトはもちろん、優しい甘さの「ごま団子」や爽やかな「かき氷」などのスイーツもたくさんあります。いずれも平均200円〜300円前後とリーズナブルなのもうれしいポイントです!



中国料理を満喫しよう!

横浜中華街を訪れたなら、やっぱり満腹になるまで本格中国料理を味わいたいですよね!街中に軒を連ねる飲食店では、広東・北京・上海・四川など、中国のさまざまな地方の料理が楽しめます。カジュアルな雰囲気のお店から、華やかな店構えの高級店まで種類もさまざま。仲間同士で飲茶を楽しむもよし、フカヒレやアワビなどの高級素材を堪能するもよし。もちろんひとりでサッと手軽に麺ものを楽しむ、なんていうのもおすすめです。



いかがでしたか?日本に居ながらにして、中国を旅しているような気分にもなれる「横浜中華街」。横浜観光の際にはぜひ足を伸ばしてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nakamura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事