WOW! JAPAN

横浜のこだわりのある美味しいレストラン・食堂5選

海の玄関口である横浜港を有し、羽田空港からのアクセスも良い横浜は、国内外の旅行者が集まる人気観光地。観光スポットめぐりでお腹がすいたらぜひ立ち寄っていただきたい、こだわりのある5店を紹介します。

2017.08.03

1. 鎌倉湘南野菜×ワインバル 横濱頂(よこはまいただき)食堂

地元神奈川県産の素材をふんだんに使った料理を楽しめるワインバル。自慢の料理6品にデザートがついたコース(3,000円(税込))は、藤沢産の手作り生ハム、地魚、地野菜、横須賀産のソーセージなど、神奈川の魅力がつまっています。ランチのおすすめは「日替わり『頂バル』プレート(1,000円(税込))」。メインのおかず2種に、ラタトゥイユや三浦半島の地卵焼き、地魚のカルパッチョなどがセットになった逸品です。

1. 鎌倉湘南野菜×ワインバル 横濱頂(よこはまいただき)食堂

2. Bistro Bon-no(ビストロボンノ) 横浜店

「体にやさしくて、美味しい」をコンセプトにした、気軽に入れるレストラン。徳島県の自社農園から届くオーガニック野菜、黒毛和牛種の阿波牛(あわぎゅう)、瀬戸内海の新鮮な旬の魚などをぜいたくに使った料理を楽しめます。名物料理は、低温でじっくり焼き上げた「阿波尾鶏(あわおどり)のハーブロースト(1,300円(税抜))」。「まるごとオニオングラタンスープ(780円)」もリピート率NO.1の人気メニューです。

2. Bistro Bon-no(ビストロボンノ) 横浜店

3. 大ど根性ホルモン

地元横浜産の野菜を使った料理がメインの創作和食のお店。「名物!ど根性サラダ(350g・950円(税込))」は、一日に必要な野菜が一皿でとれる逸品です。また、ホルモン(内臓肉)などの肉料理は、ホルモンが目当てのお客も納得の味。おすすめは「サーロインステーキ丼(ランチ800円(税込)、夜900円(税込))」。ランチでは、200円(木・金)か400円(月・火・水)をプラスするとステーキが2枚になるサービスがあります。

4. 驛(うまや)の食卓

横浜は日本のビール発祥の地。伝統を引き継ぎ、今も手造りにこだわる「横浜ビール」の醸造所の中にあるレストランです。自家出しの美味しさを味わうには、定番ビール5種類を飲み比べる「テイスティングセット(1,600円)」がおすすめ。ビールに合う料理は、神奈川産の食材にこだわった逸品ぞろいです。ディナーの人気メニューから3種類選べる「ワンプレートランチ(1,000円)」もお試しあれ。

5. ヒラツカ

神奈川県の南側、太平洋に面した湘南で水揚げされる鮮魚を使った料理と、店長がこだわって選んだ世界各地のワインを楽しむことができるイタリアンバル。魚介の美味しさを楽しむには、旨味がつまった「ヒラツカのアクアパッツァ(1,220円(税抜))」がおすすめです。地魚をフライにした「ヒラツカのFish&Chips(740円(税抜))」も看板商品。シメの一皿には「湘南シラスと青紫蘇の港町風パスタ(980円(税抜))」はいかが?

いかがでしたか?どのお店も独自のこだわりがありましたね。横浜に観光へ来たら、この記事を参考に食事をしてみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: KUS

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!