WOW! JAPAN

四国地方「香川」で訪れるべきオススメ観光スポット5選

四国地方の北部に位置する「香川県」には、見どころ満載のスポットがたくさん。今回は特にオススメしたい5つの場所をご紹介します!

2017.11.30

1. 小豆島

瀬戸内海東部に浮かぶ島。醤油やそうめんの生産が盛んであるほか、オリーブの栽培でも有名です。海を見下ろす丘に約2,000本のオリーブ畑が広がる「道の駅 小豆島オリーブ公園」はギリシャの風景を想起させる景勝地として人気。さらに、潮の満ち干きで道が現れたり消えたりする「エンジェルロード」や、奇岩の多い「寒霞渓」など見どころ満載です。

2. 金刀比羅宮

古くから人々に親しまれてきた、海の神様を祀る神社です。参道の長い石段が有名で、本宮までは785段、奥社までの合計は1,368段もあります!広い境内には重要文化財を含む貴重な建造物が点在。さらに、宝物館には第一級の美術品・文化財が多数陳列されています。参道両脇に並ぶ、お土産店や名物・うどんのお店に立ち寄るのもオススメですよ。

3. 直島

高松港からフェリーで約1時間・高速船なら約30分ほどで到着する、大人気の「アートの島」。古くは海上交通の要所として栄えた島で、当時を偲ばせるレトロな町並みが多く残っていますが、ポイント的に国内外の現代アートが配置されているんです。世界的に有名なアーティスト・草間彌生の「かぼちゃ」シリーズなど、個性豊かな作品が風景と自然に調和。「ベネッセハウスミュージアム」や「地中美術館」などの美術館もあります。

4. 栗林公園

高松藩主の別邸として、歴代の藩主が修築を重ね、約300年前に完成した文化財庭園(国特別名勝指定)です。緑豊かな山を背景に、6つの池と13の築山が配された様式。1,000本にもおよぶ松の木と、四季折々の花々が調和し、変化に富んだ美しさを描き出します。歴代藩主が楽しんだと伝わる船遊びを楽しむのもオススメ。

入園料:大人410円、小中学生170円、1月1日および3月16日の開園記念日は入園無料
和船乗船料:大人610円、小人300円(3歳未満乗船不可)

5. 丸亀城

約400年前に築城されたお城。3層3階の天守は全国に現存する「木造天守12城」のうちのひとつに数えられる貴重なもので、国の重要文化財に指定されています。天守閣からは開放感たっぷりの景色を望むことができますよ。また、内堀から天守にかけて積み重ねられた石垣は、見事な曲線を描く特徴的な様式。高さは60mを超えるもので日本一といわれています。

天守入城料:大人200円、小人(小・中学生)100円

魅力いっぱいの香川県の観光スポット、いかがでしたか?例えば東京・大阪〜高松間は飛行機+バスまたは新幹線などで約2時間で到着します。ぜひ訪れてみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nakamura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!