close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

大阪から少し足をのばして!海と山に囲まれた「西はりまエリア」の魅力まるわかりガイド[PR]

魅力的な観光名所が盛りだくさんの、兵庫県「西はりまエリア」。日本を代表する観光地・大阪や神戸などからも足をのばしやすい場所にあり、近年じわじわとその人気が高まっています。今回の記事では、その魅力を徹底深掘り!定番から穴場スポット、名物グルメまでたっぷりご紹介します。

西はりまとは?

近畿地方の西端に位置し、兵庫県の「たつの市」・「宍粟市」・「上郡町」・「佐用町」の4市町を含むエリアのこと。雄大な山々とおだやかな海に囲まれ、自然と調和したスポットが多くあります。大阪や神戸からアクセスする場合、電車を利用すれば約1時間半〜2時間で到着します。日帰り旅行もしやすい距離なので気軽に訪れてみてくださいね!

圏域内の歴史や自然、文化、食の魅力を伝える観光サイト
http://nishi-harima.net/

歴史名所満載!見逃せない観光スポット

それぞれの地区ごとに独自の文化が成熟してきた「西はりま」エリア。歴史と文化に彩られた史跡名所をはじめ、花々や紅葉、雄大な海など自然との一体感を味わえるスポットが盛りだくさんにそろっています。それでは代表的なおすすめの場所をご紹介していきましょう。

自然

1. 龍野公園

鶏籠山西側一帯の山麓は、西播丘陵県立自然公園で龍野公園と呼ばれています。県下でも有数の桜の名所で、一目三千本といわれる満開の桜は見事です。園内には、メロディが流れる碑が点在する童謡の小径など3本の遊歩道や、子ども達に人気がある無料の動物園もあります。

名前:龍野公園
公式ホームページ:
https://www.city.tatsuno.lg.jp/toshikeikaku/toshiseibi/tatsunokoen.html
住所:兵庫県たつの市龍野町中霞城
交通アクセス:
[電車]JR姫新線「本竜野駅」から徒歩約25分
[車]山陽自動車道「龍野IC」から約5分/国道2号 太子竜野バイパス「福田ランプ」から約15分

1. 龍野公園

2. 金出地ダム

2018年、上郡町に完成したダム。470万立方メートルの総貯水量を誇ります。全長約5.5kmの周回道路をドライブやツーリングなどで楽しめば、その壮大なスケールに圧倒されるはず!周囲には、ダム建設時に発見された稀少な植物を保護するため湖底から移植した植物園などがあります。また、ダムの直下(下流約100m)には「金出地水辺公園」も整備。春には桜が咲き誇る美しい親水空間で、川の浅瀬での水遊びなどを楽しめます。

名前:金出地ダム
住所:兵庫県赤穂郡上郡町金出地
交通アクセス:播磨自動車道播磨新宮ICから西へ車で約15分

2. 金出地ダム

3. 南光ひまわり畑

佐用町のシンボル的存在として広く知られるひまわり畑。約100万本ものひまわりが夏の日差しを受けて一面に咲き誇る情景は、抜群のSNS映えスポットです。地元農家が丹精込めて育てたひまわりは、見頃がおよそ1週間。できるだけ長い期間楽しんでもらえるようにと、町内5つの地区で時期をずらして順番に開花するよう計画栽培されているので、例年7月中旬〜8月中旬まで町内のどこかでひまわりを楽しむことができます。毎年7月中旬から下旬には、「南光ひまわり祭り」が開催され、物産テナント村でのお買い物やミニイベント(土日祝日のみ)も楽しめます。

名前:南光ひまわり畑
佐用町公式ホームページ:
http://www.town.sayo.lg.jp/cms-sypher/www/info/detail.jsp?id=3614
住所:兵庫県佐用郡佐用町南光地区(5つの地区で時期をずらして開園)
交通アクセス:
[電車] JR姫新線 播磨徳久駅からタクシーで5~15分(開園地区により変動)
[車]中国自動車道佐用インターから約10~20分(開園地区により変動)/[鳥取方面から]鳥取自動車道佐用平福ハーフインターから約15分

2020年度「南光ひまわり祭り」開催情報
期間:2020年7月18日(土)〜8月2日(日)
会場:南光スポーツ公園(佐用町林崎839)周辺
(土日祝日は、JR播磨徳久駅から無料シャトルバスを運行)

歴史・文化

1. 白旗城跡

1336年に播磨の武将・赤松円心により築城された白旗城の跡地です。標高約440mの山の上から尾根・谷部にかけ、東西約560m・南北約400mにわたる広大な敷地を誇ります。白旗城はかつて約60,000もの敵軍勢をわずか2,000の兵で50日以上守り抜いたと伝わる"難攻不落"の堅城でした。そのため"落ちない城"にあやかり"不合格・落第しない"という縁起をかついで、受験生などの合格祈願スポットとして人気があるんです!白旗山の山頂(白旗城本丸)・白旗山登山道ふもと・最寄り駅である智頭急行河野原円心駅に「絵馬(※)掛け所(画像)」が設置されているので、合格・成功・成就を願って訪ねてみてはいかがでしょうか?

※絵馬とは:祈りや願いを書いて吊す木製の額

名前:白旗城跡
公式ホームページ:なし
住所:兵庫県赤穂郡上郡町赤松
交通アクセス:
【登山口まで】智頭線河野原円心駅より徒歩約20分、龍野西ICから西へ約40分、佐用ICから南へ約30分、播磨新宮ICから西へ約30分
【山頂まで】近畿自然歩道を登り、約1時間

1. 白旗城跡

2. 山崎の町並みと酒蔵通り

宍粟市山崎町山崎地区には名勝として知られる古い町並み(県指定歴史的景観形成地区)があります。この界隈は、江戸期(約400年前)に城下町として栄え、文化・交通の中心として重要な役割を果たしてきた場所。その頃の姿を今なおとどめる、風情ある酒蔵など伝統的な様式の建物が点在しています。その歴史ある建築物を活かしたカフェやレストラン、宿泊施設などがあるのも魅力的!地区内は30〜40分で歩いてまわれる範囲なので、気軽な散策や、江戸時代にタイムスリップしたようなムードのある写真を撮影したい人にぴったりです。

名前:山崎の町並みと酒蔵通り
公式ホームページ:なし
住所:兵庫県宍粟市山崎町山崎
交通アクセス:中国自動車道山崎インター下車5分

3. 庭田神社

宍粟市一宮地区にある神社です。“麹を使った日本酒”に関する日本最古の記述が残っていることから(出典:播磨国風土記(※))、日本酒発祥の地として知られています。祭神として祀られている伊和大神が、境内裏手に流れる「ぬくゐ川(ぬくい川)」に米を浸していたところ、偶然に酒成分が生じておいしいお酒ができあがったという言い伝えが残っているのです。近年9月下旬頃には、宍粟の地酒や全国の銘酒をとりそろえた「しそう日本酒まつり」も開催。日本酒に合うおつまみも販売されるので情報をチェックしてみてくださいね(2020年の開催詳細未定)。

※風土記とは:その地の風土や伝説などを記した書物

名称:庭田神社
公式ホームページ:なし
住所:宍粟市一宮町能倉1286
交通アクセス:中国自動車道山崎インター下車20分

3. 庭田神社

4. 宿場町平福と利神城跡

「宿場町平福」は因幡街道の宿場町(※)として栄えた場所で、その頃の景観を今に伝える伝統的な様式の建物や土蔵などが街道沿いに建ち並んでいます。そして、平福地区のもうひとつの名所といえば「利神城跡」。標高373mの山頂に江戸時代初期に築かれたお城の跡地で、昔の姿をしのばせる石垣群などが残っています。石垣の崩落の危険があることから現在は残念ながら登ることはできませんが、「道の駅宿場町ひらふく」などからその勇壮な姿を眺めることができます。

※宿場町とは:江戸時代に街道筋に栄えた「宿場(宿泊施設・人馬の輸送機関があった場所)」を中心に形成された町

名前:宿場町平福と利神城跡
住所:兵庫県佐用郡佐用町平福988-1(道の駅宿場町ひらふく)
交通アクセス:
[電車]智頭急行平福駅で下車、徒歩5分
[車]中国自動車道佐用インターから約5分、(鳥取方面から)鳥取自動車道佐用平福ハーフインターから約3分

利神城跡

5. 龍野城下町

脇坂氏の約200年にわたる長い藩政を象徴する龍野城を中心とした城下町で、その起源は16世紀に遡ります。近世以降、醤油醸造の一大産地に発展し、産業遺産とも呼べる遺構がそこかしこに見られます。江戸から昭和初期までの多様な町並みをよく残しており、令和元年12月23日に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。

名前:龍野城下町
住所:兵庫県たつの市龍野町(龍野地区)
交通アクセス:
[電車]JR姫新線「本竜野駅」から徒歩約15分
[車]山陽自動車道「龍野IC」から約5分/国道2号 太子竜野バイパス「福田ランプ」から約15分

5. 龍野城下町

体験

1. 西はりま天文台

佐用町・大撫山にある天文台です。公開望遠鏡としては世界最大級となる「なゆた望遠鏡(口径2m)」などがあり、月や惑星、星雲などを観望できます。天体観望会(一般開放)が毎週日曜日に開催されているので、一度参加してみてはいかがでしょうか。夜間は冷えることがあるので、暖かい格好での参加がおすすめです。また、星や宇宙に関連したグッズが豊富にそろうミュージアムショップのほか、宿泊施設が併設されているのがユニーク。家族向け、グループ向けのロッジがあり、ニーズに合わせて選べます。

名前:兵庫県立大学西はりま天文台
公式ホームページ: http://www.nhao.jp/
住所:兵庫県佐用郡佐用町西河内407-2
交通アクセス:[車]中国自動車道佐用インターから約15分、(鳥取方面から)鳥取自動車道佐用平福ハーフインターから約20分

1. 西はりま天文台

2. 森林セラピー

宍粟市にある渓谷や森では、医学的に裏付けされた森林浴の一種「森林セラピー」を体験できます。森の中に身を置いて、自然を楽しみながらの歩行や運動、リラクゼーションを行うというもの。心身の健康促進、リラックス効果やストレス緩和効果をもたらすと言われています。付近に温泉があるセラピーロードもあるので(フォレストステーション波賀内「東山セラピーロード」)、自然を満喫した後はゆっくり入浴するのもおすすめです。日常を離れ、自然の中で癒やされるひとときをぜひとも体感してみてくださいね!

名前:森林セラピー
公式ホームページ: http://shiso-therapy.jp

(赤西セラピーロード)
住所:兵庫県宍粟市波賀町原
交通アクセス:中国自動車道山崎インター下車50分

(東山セラピーロード)
住所:兵庫県宍粟市波賀町上野1799-6(フォレストステーション波賀施設内)
交通アクセス:中国自動車道山崎インター下車30分

(国見の森セラピーロード)
住所:宍粟市山崎町上比地374(兵庫県立国見の森公園施設内)
交通アクセス:中国自動車道山崎インター下車10分

3. フォレストステーション波賀

「フォレストステーション波賀」は約330haもの広大な森の中に多彩な施設が点在するリゾート。ホテルや温泉、コテージにキャンプ場、バーベキューサイト、先ほどご紹介した「東山セラピーロード」など、その種類はとっても多彩です。春には咲き乱れる花々を眺め、夏には水遊び、秋には鮮やかな紅葉、冬は雪の中でソリで遊ぶなど、四季折々のさまざまな楽しみ方があり、子どもから大人まで自然を満喫できるスポットです。

名前:フォレストステーション波賀
公式ホームページ: http://www.foreststation-haga.jp
住所:兵庫県宍粟市波賀町上野1799-6
交通アクセス:中国自動車道山崎インター下車30分

3. フォレストステーション波賀

グルメ

1. 円心モロどん

上郡町のご当地グルメといえば「円心モロどん」が有名です。高い栄養価を誇る上郡町産モロヘイヤを練り込んだ麺を使った料理のことで、町内のさまざまな飲食店で提供されています。お店によってその個性はいろいろ。温めた出汁つゆに入れて食べる定番スタイルをはじめ、生野菜などと一緒に冷やして食べるスタイル、茹で麺をスパイシーなカレーソースにつけて食べるものなど、ユニークなタイプも!ぜひ食べ比べを楽しんでみてくださいね。価格はお店によって異なりますが、だいたい1杯700円前後が平均的です。上郡町観光案内所では、毎月第1・第3日曜日に数量限定で提供しています。

名前:円心モロどん
住所:上郡町内各飲食店

1. 円心モロどん

2. 揖保乃糸資料館そうめんの里

約600年の歴史を誇る手延素麺「揖保乃糸」。農閑期の副業として発達した産業で、伝統の製法で熟成を重ねながら、職人が丹精込めた逸品で、夏の冷やし素麺、冬の煮麺(にゅうめん)と年中親しまれています。揖保乃糸資料館そうめんの里は、播磨の地で生まれ育った手延素麺を紹介し、伝統の技と味わいを体験するテーマ館で、そうめんの歴史や製造工程を詳しく学習していただける施設です。

名称:揖保乃糸資料館そうめんの里
公式ウェブサイト: http://www.ibonoito.or.jp/soumennosato/
住所:兵庫県たつの市神岡町奥村56番地
交通アクセス:
[電車]JR姫新線「東觜崎駅」から徒歩約15分
[車]山陽自動車道「姫路西IC」「龍野IC」から約15分/国道2号 太子竜野バイパス「福田ランプ」から約15分

2. 揖保乃糸資料館そうめんの里

3. 道の駅みつ

室津の海岸沿いにあり、瀬戸内の景色が一望できる最高のロケーションです。特産品直売所では地元御津町で育った新鮮な野菜と、瀬戸内海で水揚げされた鮮度の良い魚介類を豊富に取り揃えています。展望レストランやBBQテラス、体験学習室など、小さなお子様からご年配の方まで、ゆっくりと楽しめる空間です。

名称:道の駅みつ
公式ホームページ:http://www.totonaya.com/
住所:兵庫県たつの市御津町室津896番地23
交通アクセス:
[電車]JR山陽本線「竜野駅」から車で約10分
[車]山陽電鉄「山陽網干駅」から車で約10分/山陽自動車道「龍野西IC」から約20分

3. 道の駅みつ

いかがでしたか?都会の喧騒を離れ、自然の中でのんびりとくつろいだり、歴史ロマンに思いを馳せたり、「西はりま」エリアでの過ごし方は自由自在。関西地方を旅するなら、ぜひこの魅力的な地区に足を運んでみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!