close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

【厳選】淡路島を120%満喫するなら!おすすめ王道観光スポット5選

瀬戸内海に浮かぶ日本最大の島、兵庫県の淡路島。神戸や大阪からのアクセスも便利で、関西エリアのリゾート地としても有名な自然の楽園です。今回は、淡路島を訪れるなら絶対に行ってほしい人気スポットとおすすめグルメをご紹介!

淡路島ってどんなところ?

淡路島は、兵庫県の一番南にある四方を青い海に囲まれた南北に細長い島。年間平均気温が16℃と温暖な気候が特徴で、自然豊かな土地で一年を通して野菜や米、畜産・果樹・草花など様々な農畜産物が作られています。


島へのアクセスは、神戸と淡路島を結ぶ世界最長といわれる吊り橋「明石海峡大橋」と四国へとつながる「大鳴門橋」があり、神戸からは高速バスで約30分、大阪からは約1時間ほどで到着します。

1. 日本最古の神社「伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)」を参拝しよう

日本最古の書物(古事記や日本書紀)によると、淡路島は日本で最初にできた島と言い伝えられています。これらの書物に記されている日本で最も古い神社がこの「伊弉諾神宮」。
伊弉諾神宮は日本の国を造った最初の夫婦である二柱の神様がまつられていて、古くから人々に崇敬されてきた由緒正しい神社。境内は広く神聖な零囲気を味わうことができ近年ではパワースポットとしても人気です。

■アクセス
津名港ターミナルから路線バス(淡路交通「西浦・一宮線」)に乗り換え
所要時間 18分〜23分
片道 420円


兵庫県の指定天然記念物の樹齢900年を数える古木「夫婦の大楠」をはじめ、見どころがたくさん。

1. 日本最古の神社「伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)」を参拝しよう

兵庫県淡路市多賀740

2. 迫力満点の「うずしおクルーズ」に乗ろう

続いては、潮流によって発生する自然現象「渦潮」を間近に見に行きましょう。
淡路島と四国を結ぶ「大鳴門橋」の足下にある鳴門海峡で、太平洋と瀬戸内海から流れ込む潮流が激しく流れぶつかり合ってできるのがこの渦潮。水しぶきや轟音は大迫力でその自然のエネルギーのすごさに圧倒されます!春と秋の大潮時には直径20mにもなる世界最大の大渦が出現することも!

■料金
大人(中学生以上) 2,000円、子ども(小学生)1,000円、幼児(小学生未満)大人1名につき1名無料

2. 迫力満点の「うずしおクルーズ」に乗ろう

兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館

3. 世界最大級の吊り橋「明石海峡大橋」で記念撮影をしよう

明石海峡大橋は、兵庫県の神戸市と淡路島の間約4kmを結ぶ全長3,911mの世界最大級の吊り橋。晴れた日には青い空と海、その間に巨大にそびえ立つ橋の姿が圧巻の絶景ですが、夜は幻想的な光の演出のライトアップが人気です。
おすすめの撮影スポットは明石海峡大橋のたもとにある「道の駅 あわじ」。目の前に迫る迫力のある明石海峡大橋と一緒に記念の一枚をぜひ!

3. 世界最大級の吊り橋「明石海峡大橋」で記念撮影をしよう

兵庫県淡路市岩屋1873-1

4. 「国営明石海峡公園」で淡路島の豊かな自然に癒やされよう

明石海峡大橋を望む高台にある「国営明石海峡公園」は、淡路島の温暖な気候が育んだ美しい花々に出合える場所です。
広い敷地内にはエリアごとに違う風景が楽しめるテラスがあったり湖でボートに乗って遊んだり、季節ごとに違った風景を楽しめます。花と緑の先にある青い海とのコントラストが絶景ですよ!

4. 「国営明石海峡公園」で淡路島の豊かな自然に癒やされよう

兵庫県淡路市夢舞台8-10

5. おいしい淡路島グルメを食べ尽くそう

観光の合間におなかがすいたらぜひご当地グルメを味わってみて!
おすすめは全国ご当地バーガーグランプリで優勝歴のある「あわじ島オニオンビーフバーガー(600円(税抜))」。淡路島特産の玉ねぎをカラッと揚げた玉ねぎカツに高級和牛の淡路牛とトマトソースをトッピングした逸品。玉ねぎが主役のこのバーガー、一口目で玉ねぎの甘さとジューシーさに感動すること間違いなし。

5. おいしい淡路島グルメを食べ尽くそう

兵庫県南あわじ市福良丙947-22 道の駅うずしお

日本の歴史の奥深さと自然の豊かさを感じられる淡路島をぜひ一度訪れてみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!