close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

【保存版】北海道を満喫!エリア別観光スポット40選

北の大地「北海道」は日本屈指の観光エリアです。小樽や函館の幻想的な夜景から、知床や釧路の壮大な自然まで見所満載。海の幸をはじめとしたグルメも人気です。今回はそんな北海道でするべきこと40選をご紹介!

【北海道ってどこにある?】

北海道は日本の最北に位置するエリアで、主なアクセス手段は飛行機。新千歳空港まで東京の羽田空港から約90分、大阪の関西国際空港からは約130分ほど。国際線も発着するので、上海や香港、台北、ソウルなどからも簡単に訪れることができます。北海道新幹線を利用すれば、関東・東北エリアからも好アクセス。

北海道の天気

日本の最も北に位置し、さわやかな夏と氷点下まで冷える冬との気温差が大きい北海道。夏場でも30度を越えることは珍しく、朝晩は肌寒く感じることもあります。反対に冬は半年も続き、11月下旬から5月までスキーが楽しめます。氷点下10度まで冷え込む地域も珍しくなく、氷点下10度を下回り、気象条件がそろうと、大気中の水蒸気が氷り、キラキラと輝くダイヤモンドダストという現象が発生します。極寒の地ならではの自然がつくり出す幻想的な現象。北海道の天気は大自然を感じる魅力の一つです。

【道央エリア】

北海道の玄関口「新千歳空港」や人気観光地「札幌」の位置する道内西部一帯。リゾート地として人気のある「ニセコ」、ロマンチックな街並の「小樽」などもこのエリアです。

北海道庁旧本庁舎を訪れる

「赤れんが庁舎」の愛称で知られるレンガ造りの建物。1888年の創建以後、約80年間北海道の本庁舎としての役割を担っていました。アメリカ風ネオ・バロック様式の優美なたたずまいが北海道のシンボルとして親しまれています。館内は無料で公開されていて、北海道関連の資料を展示。寒さ対策の二重扉など、極寒の地ならではの機能美も見所です。前庭には約1,000種1,000本もの樹木が植えられていて、札幌市民の憩いの場となっています。

※2019年10月1日より旧本庁舎はリニューアル工事のため一時閉館(完成予定2022年)

北海道庁旧本庁舎を訪れる

北海道札幌市中央区北三条西6

さっぽろ雪まつりで記念撮影する

毎年2月初旬に行われる雪像展示の祭典。メイン会場の大通公園では約1.5kmにわたって雪や氷の像が立ち並びます。像の種類は、細部まで凝った繊細なものから、自衛隊が手がける巨大なものまで多種多様。日没後にはライトアップされ、幻想的な光景が広がります。

2020年の開催期間
大通会場・すすきの会場:2月4日(火)~2月11日(火・祝)
つどーむ会場:1月31日(金)〜2月11日(火・祝)

さっぽろ雪まつりで記念撮影する

北海道札幌市中央区大通西1~12

パワースポットの北海道神宮を参拝

北海道は100年以上昔には未開拓だったエリア。まだ森や山ばかりだったこの地を切り開くにあたって、1871年に開拓の守護神をまつるために建てられたのが「北海道神宮」です。約18万平方メートルの境内には、春の桜をはじめ自然が豊か。また道内随一のパワースポットとしても有名。たとえば第三鳥居は金運、頓宮は恋愛運の御利益があるといわれています。そのほか、「恋愛成就守」や「子授御守」などの授与品も人気。

パワースポットの北海道神宮を参拝

北海道札幌市中央区宮ヶ丘474

夜の小樽運河を見る

「小樽運河」は、北海道開拓の玄関口だった小樽港に、1923年に造られた全長1,140mの運河。緩やかに湾曲する河沿いにはレトロな石造倉庫が並び立ち、趣ある散策スポットとなっています。散策路には63基のガス灯が設置されていて、夜には運河と建物を美しくライトアップ。ロマンチックな雰囲気が醸し出されます。石造倉庫を改装したレストランもあり、運河の夜景を眺めつつディナーをすることも可能。

夜の小樽運河を見る

北海道小樽市港町

定山渓温泉でリラックス

道内屈指の有名温泉地。札幌中心部から車で1時間弱、市街地からの送迎バス「かっぱライナー号(要予約)」もあり、気軽にアクセス可能です。周囲は四季折々の自然美を堪能できる景勝地。特に秋の紅葉が壮観です。喧騒から離れた自然の中、毎分約8,600リットルという豊富な湯量の温泉に浸かってリラックス可能。冬には雪で作られた無数のキャンドルに灯りをともす「雪灯路」が人気を集めています。

定山渓温泉でリラックス

北海道札幌市南区定山渓温泉東3

アートパーク・モエレ沼公園で遊ぶ

「全体をひとつの彫刻作品とする」というコンセプトのもと、世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチが設計を手がけた公園。ガラスのピラミッド「HIDAMARI」や、一本の白い道が頂上へと続く「プレイマウンテン」など、広大な敷地に幾何学形態を多く取り入れた山や噴水、遊具を整然と配置。自然とアートの融合した美観が広がり、時間や季節の移り行きに応じてさまざまな表情を見せてくれます。

アートパーク・モエレ沼公園で遊ぶ

北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

サッポロビール園でジンギスカンとビールを味わう

羊肉の焼肉料理「ジンギスカン」は北海道の郷土料理の一つ。道内各地に専門店が存在しますが、オススメは「サッポロビール園」。生ラムやラム肩ロースをはじめとしたラム肉5種類を味わえます。またサッポロビール北海道工場で造られたこだわりのビールも魅力。ジンギスカンとの相性抜群です。

平均予算:3,500円(ランチ2,000円)
外国語メニュー:英語、中国語(簡体字)、韓国語
外国語対応スタッフ:英語

サッポロビール園でジンギスカンとビールを味わう

北海道札幌市東区北七条東9-2-10

北一硝子でお土産を買う

「北一硝子」は1901年創業のガラス専門の老舗。5万点以上のオリジナルガラス製品を製造販売しています。レトロな雰囲気の「三号館」を中心に、関連店舗は10以上。なかでも「クリスタル館」がオススメ。日常使いのグラスウェアから、ペンダントやピアスのようなアクセサリーまで、幅広い製品が店頭に並んでいます。また、製品制作の見学工房もあり、吹きガラスの実演やアクセサリー作りを実際に眺めるのも楽しみ方の一つ。

北一硝子でお土産を買う

北海道小樽市堺町6-7

白い恋人パークでお土産を買う

チョコレートをラング・ド・シャクッキーで挟んだ「白い恋人」は、北海道を代表する銘菓の一つです。「白い恋人パーク」はこのお菓子のテーマパーク。白い恋人の製造工程を見学できる「白い恋人工場見学」を筆頭に、お菓子作り体験工房、イギリスのアンティーク家具に囲まれた「チョコレートラウンジ」、さらには子どもも楽しめる「ガリバータウン」など、多彩な魅力が満載です。

白い恋人パークでお土産を買う

北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36

札幌ステラプレイスでショッピング

札幌駅直通のショッピングモール。アーティストのオブジェや作品が配された開放的な館内には160店舗以上が入っていて、日本最大級の規模を誇っています。ファッションやコスメ、雑貨などのお店はもちろん、和洋中をはじめとした世界各国の料理店やラーメン店もあります。さらにJRタワー38階、地上160mの展望室から札幌の街並みを一望可能。特に札幌中心部の夜景は必見です。

札幌ステラプレイスでショッピング

北海道札幌市中央区北五条西2-5

札幌で回転寿司を食べる

「回転寿司」とは、ベルトコンベアにのせられた寿司の小皿を、好みで選び取る方式の寿司屋です。リーズナブルに新鮮な海の幸を味わえると人気。たとえば有名チェーン店「根室花まる」では、サーモンなどのお寿司を1皿140円(税込)から楽しめます。メニューが100品目もあるのもポイント。この他、「トリトン」や「なごやか亭」など、数多くの回転寿司屋があります。

根室花まる外国語メニュー:英語、韓国語

札幌で回転寿司を食べる

北海道札幌市中央区北五条西2 ステラプレイス6F

札幌で味噌ラーメンを食べる

日本のグルメといえば外せないのがラーメン。国内各地にさまざまなご当地ラーメンが存在し、地域色豊かな味を楽しむことができます。札幌では、味噌を使用したラーメンが主流。ラードでこってりとし、ニンニクや野菜のエキスの効いた濃厚さが特徴です。札幌市内のラーメン店は1,000店舗以上。「元祖 さっぽろ ラーメン横丁」や「札幌ら~めん共和国 」のようにラーメン店が集まっているエリアも多く、雰囲気を見てどのお店にするか選ぶこともできます。

北海道大学を散策する

日本一広い敷地を持つ国立大学です。札幌駅から徒歩約10分とあって観光に最適。敷地内には、映画のワンシーンに出てきそうなポプラ並木やいちょう並木、1909年建造の古河講堂をはじめ歴史的建造物が多く、北海道大学総合博物館では北海道の歴史を学べます。カフェや学生食堂(平日11:30 am - 1:00 pmは学生専用)も利用でき、北海道大学認定製品のクッキーなどお土産も買えますよ。

北海道大学を散策する

北海道札幌市北区北八条西5

小樽三角市場で海鮮丼を食べる

小樽駅から徒歩2分、土地と屋根が三角であることが名前の由来。「ズバリ安い!」をモットーに、長さ200m幅2mの細い坂道の両側に15店舗が並び、威勢のいい呼び込みが飛び交う市場です。カニやウニなど海鮮から日用品までさまざまな店が軒を連ねます。市場で購入した新鮮食材をその場でオリジナル丼にして食べられます。食事処は6店舗(7:00 am - 5:00 pm)。

小樽三角市場で海鮮丼を食べる

北海道小樽市稲穂3-10-16

夕張市で夕張メロンを味わう

甘く芳醇な香りとやわらかくジューシーな果肉が特徴の夕張メロンは、1玉3,000円から高いものでは20,000円もする高級ブランドメロン。出荷時期は5月下旬から8月中旬頃。この時期には夕張市農協銘産センター2階に「めろんのテラス」がオープン。多彩な料理がランチビュッフェ(3,000円(税込))で味わえ、なんと夕張メロンが食べ放題。1階では夕張メロンを使ったお菓子などお土産品を購入できます。

2019年営業期間:6月8日~8月下旬
営業時間:11:00 am - 4:00 pm 定休日なし
※ 夕張市農協銘産センターは9月下旬まで営業

夕張市で夕張メロンを味わう

北海道夕張市滝ノ上132 夕張市農協銘産センター 2F

新千歳空港でお土産を買う

北海道の玄関口、新千歳空港の2・3階には定番から激レアまで魅力的なお土産であふれています。北海道産の食材を使用したスイーツ、海の幸、空港限定のお菓子や北海道オリジナルグッズなどなんと180もの店舗が並びます。北海道土産の定番、ロイズチョコレートではミュージアムとチョコレート工場を併設し、職人技やチョコレートができる工程を見て楽しめますよ。飛行機に乗るだけの空港利用ではモッタイナイ!空港ショッピングを楽しみましょう。

新千歳空港でお土産を買う

北海道千歳市美々987-22

【道南エリア】

道内南西部のエリアです。北海道新幹線が通っているため本州からも札幌からも好アクセス。観光の中心地は夜景や歴史的名所「五稜郭」などで有名な「函館」。漁業が盛んで新鮮な海の幸が目白押しです。

函館の夜景を見る

函館市の函館山からの夜景は、香港、ナポリとともに世界三大夜景と称されたほどの絶景。両側の海に挟まれて大きなアーチを描く市街地を、照明や街路灯がやわらかく照らしだし、宝石を散りばめたような景観を織りなしています。函館山山頂へは観光バスやロープウェイなどでアクセス可能。自動車の場合は冬期通行止めであり、夏期の混雑時間帯(5:00 pm - 10:00 pm)は通行禁止なのでご注意ください。

函館の夜景を見る

北海道函館市函館山

五稜郭で歴史を感じる

「五稜郭」は函館市に位置する城跡。侍たちの活躍した江戸時代(1603年〜1867年)最後の築城であると同時に、日本最初の西洋式城郭です。1869年の国内戦争「戊辰戦争」の舞台の一つとしても有名。上から見ると五角形の星形をしているのが特徴で、「五稜郭タワー」の展望台から眺望できます。約1,600本の桜が植えられていて、4月下旬から5月上旬は花見スポットとしても人気。

展望料金:大人900円、中・高校生680円、小学生450円

五稜郭で歴史を感じる

北海道函館市五稜郭町43-9

洞爺湖をクルーズする

「洞爺湖」は約70平方キロメートルの面積を誇るカルデラ湖。道内屈指の水深を有する一方で、湖底まで見えるほどの透明度を誇ることで知られています。「洞爺湖汽船」を利用すれば、この美しい湖をクルージング可能。4月下旬から10月末にかけては湖に浮かぶ「中島」に上陸もできます。中島には手つかずの自然がそのまま残されていて、運が良ければエゾシカに出合うことも。

料金:大人1,420円(税込)、小人(小学生)710円(税込)

洞爺湖をクルーズする

北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉29

登別温泉でくつろぐ

「温泉のデパート」と呼ばれるほど湯の種類が豊富な温泉郷。新千歳空港から1時間弱、札幌から1時間強という好アクセスな立地で、四季折々の自然と良質な名湯にいやされます。特に雪が降り積もる中で浸かる露天風呂は格別ですよ。辺りには観光スポットも多数存在しており、一番有名なのは爆裂火口跡「登別地獄谷」。湧出口や噴気孔が点在し、泡を立てて煮えたぎる風景が、まるで地獄のようだといわれています。

登別温泉でくつろぐ

北海道登別市登別温泉町60

ニセコでウィンタースポーツを楽しむ

上質なパウダースノーを求め世界中から多くのスキーヤー、スノーボーダーが集まるニセコ。ここは日本かと思うほど外国人観光客でにぎわいます。広大なスキー場の最長滑走距離はなんと5,600m!初心者から上級者、ファミリーまでも満足させる多彩なコースも魅力。バックカントリー、スノーシューやジップライン、スノーラフティングなどアクティビティも充実。アフタースキーには、北海道グルメでおなかを満たし、疲れた身体を温泉で癒やして。
スキーシーズン:11月下旬~5月上旬

ニセコでウィンタースポーツを楽しむ

北海道虻田郡倶知安町字山田204

松前城で日本の歴史を体感!

松前公園内にある、日本で最後に築城された日本式城郭。1606年に築城され火災や修繕をへて1854年に完成。創建当時の建築物(本丸御門、本丸表御殿玄関、阿吽寺(あうんじ)の山門)も残っていますが、天守は火災によって焼失し現在の姿は復元されたもの。内部は城の歴史とアイヌ民族の資料が展示されています。4月上旬から6月上旬にかけて1万本もの桜が咲く名所としても知られています。
開館:4月10日~12月10日 
時間:9:00 am - 5:00 pm 
入館料:360円 公園は無料

松前城で日本の歴史を体感!

北海道松前郡松前町字松城144

湯の川温泉で疲れを癒やす

函館空港から車で約5分、JR函館駅からは車で約20分とアクセス抜群の温泉街。温泉街には、低価格で宿泊できる宿からラグジュアリーなホテル、老舗旅館などさまざまな宿泊施設が立ち並びます。海が近いため、水平線を眺めながら入れる温泉を探すのもおすすめ。宿泊しない方用に日帰り温泉(宿泊しない客も利用できる)を実施している宿もあります。また冬の間(12月~5月)函館市熱帯植物園内に猿の温泉がつくられ、気持ちよさそうに入浴する猿を見学できます。

湯の川温泉で疲れを癒やす

北海道函館市湯川町3-1-15

【道東エリア】

道内東部エリア。手つかずの大自然が広がっているのが特徴で、世界自然遺産「知床」やタンチョウなどの稀少な生き物が暮らす「釧路」が人気。阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖など有名な湖も多数存在しています。

世界遺産・知床五湖を訪れる

原生林の中にたたずむ五つの湖。多くの野生動物の住む自然の宝庫であり、神秘的な湖面が人気の景勝地です。このスポットを巡るコースは二つ。全長約800mの「高架木道」では湖に映る知床連山などの魅力を気軽に堪能可能。もう一つの「地上遊歩道」は原生林を散策するコースで、数多くの植物や動物を目にできます。

※地上遊歩道はヒグマと遭遇する恐れがあるため、ツアーへの参加やレクチャーの受講が必須です。詳細は公式ホームページをご覧ください
※2019年10月1日から11月8日(冬期閉園)までの期間は、改修工事のため、地上遊歩道大ループ(五湖全周コース)が利用不可となります。

世界遺産・知床五湖を訪れる

北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別

霧の摩周湖を訪れる

弟子屈町(てしかがちょう)に位置するカルデラ湖です。世界屈指の透明度を誇る湖として有名。夏場、湖面を覆い隠すように濃霧が流れ込むことから、「霧の摩周湖」と呼ばれています。周りは130m以上の絶壁に囲まれていて、一般の立ち入りは禁止。周囲に位置する三つの展望台から眺望可能です。一番人気なのは「摩周湖第一展望台」で、刻々と表情を変える霧と湖面の織りなす幻想的な景観を楽しめます。

霧の摩周湖を訪れる

北海道川上郡弟子屈町

阿寒湖でマリモを見る

雄阿寒岳山麓の湖。ヒメマスやアメマス、ウグイなどの生息する清らかな水質で、ラムサール条約に登録されています。この湖で最も有名なのが、緑藻類の一種「マリモ」。不思議な美しい球形をしていて、現代でも謎の多い生物として知られています。阿寒湖周辺にはマリモを紹介するさまざまな施設が点在。オススメは湖上に浮かぶ「チュウルイ島」内の「マリモ展示観察センター」。湖底を再現した大水槽があり、天然のマリモたちのかわいらしい姿を目にできます。

阿寒湖でマリモを見る

北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉

釧路湿原を散策する

面積約180平方キロメートル、日本最大級の規模を誇る湿原。蛇行しながら流れる釧路川や周囲を取り囲む丘陵地とともに、壮大なスケールの風景を織りなしています。国の特別天然記念物のタンチョウをはじめ、エゾシカやキタキツネなど数多くの動植物の生息地でもあり、まさに自然の宝庫というべきスポット。展望台から湿原を一望したり、遊歩道を散策しながら自然を間近に観察したりできます。ホーストレッキングやカヌーツアーなどのアクティビティも体験可能。

釧路湿原を散策する

北海道釧路市

釧路和商市場で勝手丼を味わう!

「勝手丼」は、北海道三大市場の一つ「釧路和商市場」の名物。市場内の食材を使ってオリジナル丼を味わえるメニューです。値段や量をお好みで調節でき、楽しく食材選びもできると人気。作り方は簡単。まず総菜屋で容器に入ったごはんを購入。次に、市場内で魚介類などを買い、丼にのせていきます。完成したら、市場中央のテーブルで食べましょう。いくらやうに、カニなど新鮮でぜいたくな食材を使用できますよ。

釧路和商市場で勝手丼を味わう!

北海道釧路市黒金町13-25

帯広市で十勝の豚丼を堪能する!

海鮮丼が有名な北海道ですが、十勝発祥の豚丼もぜひ味わってほしい北海道の丼。丼ご飯の上に醤油ベースの甘辛いたれをたっぷりまとった豚肉が丼からはみ出そうなくらいのっています。お肉をフライパンで焼くか、炭火か、お店特製のタレは、つけダレかかけダレかなどお店によって特徴があります。スタミナ食として広く家庭で食べられている郷土料理豚丼をぜひご賞味あれ。

網走名物、流氷を間近で見る!

中国とロシアの国境を流れるアムール川から成長しながら南下する流氷。1月下旬ごろ北海道のオホーツク海にたどり着きます。その神秘的な姿を網走では海岸線におりて見学することができます。流氷の迫力を感じるには流氷砕氷船「おーろら」がおすすめ。船底に流氷がぶつかりながらも進む迫力は圧巻。流氷とともにやってくるオジロワシや流氷の上でのんびりするアザラシに出合えるかも。

運行期間:1月20日~4月3日
大人3,500円、小学生1,750円 ※価格はいずれも税込

網走名物、流氷を間近で見る!

北海道網走市南三条東4-5-1

【道北エリア】

道内北部一帯に広がるエリア。富良野・美瑛に広がる四季折々ののどかな景色から、紋別の流氷や旭岳火口のような荘厳な風景まで、自然の美しさと偉大さの両方を感じることができます。

芝ざくら滝上公園で芝桜を見る

「芝ざくら滝上公園」は、10万平方メートルの範囲に芝桜の群落が広がっている公園。毎年「芝ざくらまつり(5月上旬〜6月上旬)」の頃、甘い香りとともに辺り一面がピンク色に埋め尽くされます。期間中はヘリコプターによる遊覧飛行も行われ、空からの絶景を楽しめるのも魅力の一つ。

入園料(芝ざくらまつり期間中):大人(高校生以上)500円、小人(小・中学生)250円

芝ざくら滝上公園で芝桜を見る

北海道紋別郡滝上町元町

富良野のファーム富田でラベンダー畑を見る

「富良野」といえば有名なのがラベンダー。エリア内にはいくつものラベンダー畑があり、見頃の7月中旬頃には多くの観光客でにぎわいます。なかでもオススメなのが、12の畑を有する「ファーム富田」。斜面一面をラベンダーのじゅうたんが覆い尽くす「トラディショナルラベンダー畑」や、7色の花々が丘を彩る「彩りの畑」など、フォトジェニックな風景が広がっています。ラベンダーのスイーツを味わえるカフェや、香水などを販売しているショップも人気。

富良野のファーム富田でラベンダー畑を見る

北海道空知郡中富良野町基線北15

美瑛の丘を見る

「美瑛」は美しい丘が点在するエリア。「パッチワークの路」の広々とした田園風景や、「四季彩の丘」に敷き詰められた彩り鮮やかな花畑をはじめ、SNS映えする美観を楽しめます。ロマンチックな風景のなかをバギーやカートで散策できる「ぜるぶの丘・亜斗夢の丘」も人気。冬には雪景色のなかでひと際目を引く「クリスマスツリーの木」のような見所もあります。

美瑛の丘を見る

北海道上川郡美瑛町字大村

美瑛の青い池は必見!

JR美瑛駅から車で20分ほどの距離に位置するスポット。美しい青さをたたえている不思議な池です。太陽の光の加減で刻々と表情を変える水面が、立ち枯れたカラマツとともに幻想的な風景を演出。青が最も美しく映えるのは5月から6月頃の晴れの日といわれています。その一方で近年は冬の景色も人気。11月1日から夜間ライトアップがはじまり、昼とは異なる絶景が広がります。

美瑛の青い池は必見!

北海道上川郡美瑛町白金

旭川市 旭山動物園でホッキョクグマを見る

「旭川市 旭山動物園」は日本最北の動物園です。動物の自然な姿を目にできる「行動展示」が特色で、ホッキョクグマが水中にダイブする姿などを観察可能。動物たちの食事風景を目にできる「もぐもぐタイム」も人気を博しています。この動物園の位置する旭川までは、札幌からだと特急列車で100分ほど。また近くに「旭川空港」があり、道外からも好アクセスです。

入園料:大人(高校生以上)820円、小人(中学生以下)無料

旭川市 旭山動物園でホッキョクグマを見る

北海道旭川市東旭川町倉沼

紋別の流氷砕氷船ガリンコ号IIで流氷を体感する

毎年1月下旬から3月末にかけて、「流氷」がオホーツク海をただよい、北海道の海岸に漂着します。自然の造り出す白の大地は、北国ならではの絶景。この壮大な景色を間近で観察できるのが「ガリンコ号II」。先端部にスクリューを装備し、流氷を砕きながら突き進む船です。流氷の織りなす白い世界はもちろんのこと、船が流氷を切り裂いた跡も見所。

冬期クルーズ運賃(完全予約制)
流氷あり:大人3,000円、小人1,500円
流氷なし:大人2,500円、小人1,250円

紋別の流氷砕氷船ガリンコ号IIで流氷を体感する

北海道紋別市海洋公園1

旭岳に登る

「旭岳」は標高2,291mを誇る火山。ロープウェイで中腹までアクセス可能です。名所「姿見の池」までは散策路、そこからは登山道が整備されていて、頂上までは約2.5時間。6月上旬から8月中旬頃まではキバナシャクナゲ、チングルマの群落など、高山植物が見所。秋には、噴煙を上げる火口を背景に、赤や黄の紅葉が尾根から山裾を美しく彩ります。

ロープウェイ運賃(往復券):大人(中学生以上)2,900円(税込)〜、小人1,450円(税込)〜
※シーズンによって運賃は変動

旭岳に登る

北海道上川郡東川町旭岳温泉

富良野でスキーやスノーボードをする

富良野はラベンダー畑などの観光名所だけでなく、「富良野スキー場」でも有名。大雪山連峰や十勝岳の壮大な景色を眺めつつ、スキーやスノーボードをすることができます。コースの種類は23本。子ども・初心者から上級者までどなたでも楽しめます。レンタルサービスも充実しているので、手ぶらで訪れてもOK。

リフト料金(一日券):おとな4,200円〜、シニア(60才以上)3,700円〜、小学生以下無料※料金はシーズンによって変動

富良野でスキーやスノーボードをする

北海道富良野市中御料

利尻でウニを食べる

「利尻島」は北海道北部、日本海に浮かぶ島。稚内(わっかない)港からフェリー、あるいは新千歳空港から飛行機でアクセスできます。高山植物が咲き乱れる「花の浮島」として有名な観光地ですが、美味しい海の幸を味わえるグルメスポットでもあります。特に獲れたてのウニが絶品。ウニ丼やウニラーメンを提供している「さとう食堂(5月~10月中旬の営業)」などのお店で、ウニ尽くしのひとときを送ることができます。
※画像はイメージです。

利尻でウニを食べる

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字港町

日本最北の島!礼文島の絶景を堪能する

北海道の北部、稚内からフェリーで約2時間、日本人が居住する島としては最北と言われる島。東海岸は、なだらかな丘陵地が海へと広がり、西海岸は冬の厳しい偏西風を受け断崖絶壁の絶景が続きます。6月から8月には300種以上の高山植物が咲き乱れ、その様子は「花の浮島」と称されるほど。その美しい景色をトレッキングで堪能しましょう。そのほか、最北端の岬・スコトン岬、両手を合わせているように見える海岸沿いの地蔵岩と離島ならではの自然の絶景に溢れています。

日本最北の島!礼文島の絶景を堪能する

北海道礼文郡礼文町香深村字元地

いかがだったでしょうか。一口に北海道と言っても楽しみ方は千差万別。気になるスポットがあったら、ぜひ実際に足を運んでみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

大阪・泉州の観光スポット満載!

人気ランキング

北海道 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!