WOW! JAPAN

北海道のおすすめお花見スポット5選

日本で最も北部にあり、寒いイメージが強い北海道にも、もちろん春は訪れ、桜が咲きます。今回はそんな北海道の人気お花見スポットを5つピックアップ。都市部では見られないダイナミックな桜景色を楽しんでくださいね!

2017.03.09
お気に入りに追加

1. 二十間道路桜並木

最初に取り上げるのは、日本屈指のスケールといわれる「二十間道路」の桜並木です。直線で約7kmにわたり、道路の両わきにおよそ3,000本もの桜が咲き誇ります。桜が見頃を迎える毎年5月の上旬頃には「桜まつり」も開催。多くの花見客でにぎわいます。長くどこまでも続いていきそうな桜景色を楽しんでくださいね。


1. 二十間道路桜並木

2. 五稜郭公園

続いては函館にある国の特別史跡・五稜郭公園をご紹介します。見頃を迎える5月上旬にかけて約1,600本の桜が咲き乱れ、星型の城郭を埋め尽くします。夜は桜のライトアップが催されるほか、指定エリア内で「ジンギスカン(羊肉を野菜と一緒に焼く北海道の郷土料理)」を楽しむこともできます(有料)。レンタルボートにのってお濠から桜を眺めるのもおすすめですよ!

3. モエレ沼公園

次にご紹介するのは、世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチが基本設計を手がけた「モエレ沼公園」。広大な敷地全体がひとつの彫刻作品として造成されており、自然とアートが融合した美しい景観が特徴です。園内には、約2,300本の桜が植えられ、開花シーズンには大人も子どもも楽しめるお花見スポットとなります。見頃は例年5月上旬から中旬です。


4. 松前公園

続いては、北海道の最南端に位置し、かつて城下町として栄えた「松前」エリアにある公園をご紹介。約395,000平方mもの広大な敷地の中には、町のシンボルである「松前城」をはじめ、様々な観光スポットがあります。桜の名所として名高く、園内には樹齢約300年のものなど多種多様な桜が約10,000本!約250と品種数が多いため開花時期もさまざまで、4月下旬から5月下旬の約1ヶ月間にわたってお花見を楽しめるのが魅力です。また、期間中は様々なイベントが開催されるので、ぜひ訪れてみてくださいね!


5. 芝ざくら滝上公園

最後は、滝上市街地の中央、小高い丘の上に位置する公園をご紹介!こちらでは、一風変わった「芝ざくら」のお花見を楽しむことができます。鮮やかなピンク色をしたかわいらしい花々が、100,000平方mもの面積に絨毯のように広がって開花。あたりを甘い香りで包み込みます。例年の見頃は5月中旬から6月上旬にかけて。また、期間中は、園内でさまざまなショーやステージなどのイベントを開催。楽しいひとときを過ごせるはずです。


全国的には4月を過ぎると桜は散ってしまいますが、北海道の桜は例年5月頃に見頃を迎えます。旅のプランを調整して、本州と北海道で2度お花見を楽しむのもいいかもしれませんね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nakamura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!
  • 九州モデルコース

おすすめ記事