WOW! JAPAN

北海道

観光

北海道のおすすめ温泉5選

2016.06.09

Writer name : o-dat

日本で温泉といえば、箱根や熱海が有名ですが、実は北海道にもたくさんの温泉があるんです。大自然豊かな北海道で、温泉にゆっくり入って日頃の疲れを癒してみてはいかがですか。今回は北海道に行ったらぜひ立ち寄りたい温泉5選を紹介します。

1. 登別温泉(のぼりべつおんせん)

古くから日本人に愛され続ける北海道有数の温泉「登別温泉」。別名「温泉のデパート」と呼ばれ、慢性気管支炎や動脈硬化症に効能がある硫黄泉をはじめ、食塩泉、明礬泉(みょうばんせん)など豊富な9種類の泉質の温泉が自然湧出しているのが魅力です。観光地としての人気も高く、たくさんの温泉旅館やホテルがある温泉街も賑わっています。ここには、北海道の雄大な自然や、見た目のインパクト抜群の観光スポットが揃っているので、温泉に浸かった後はぜひ観光に出かけましょう!火山ガスや水蒸気の煙がもくもくと立ち上がる「地獄谷」や、周囲1kmの大規模な湯の沼「大湯沼」など見どころ満載。日没後に時間があれば、「地獄谷」の入り口から鉄泉池へと続く「鬼火の路」と呼ばれる幻想的な遊歩道の散歩も楽しんでくださいね!


1. 登別温泉(のぼりべつおんせん)


登別温泉観光協会公式ホームページ

2. 十勝川温泉(とかちがわおんせん)

帯広市の郊外にある「十勝川温泉」は、世界的にも珍しい「モール温泉」と呼ばれる、植物が堆積した層を通して、湧き出る温泉です。一般的な鉱物性の温泉ではなく、植物性の有機物を多く含み、神経痛、筋肉痛など多くの効能があると言われています。天然保湿成分が多いので温泉に入った後は、お肌がつるつるになることから「美肌の湯」とも呼ばれているんですよ。多くのホテルや旅館では、宿泊客ではなくても1,000円前後で温泉を利用できる「日帰り温泉」サービスを実施しているので、ぜひ活用して温泉を楽しみましょう!近くには「十勝が丘公園」や「十勝が丘展望台」など北海道の大自然を体感できる観光スポットがあり、「十勝ネイチャーセンター」では、早朝の熱気球体験、十勝川カヌーツアーなどさまざまなアクティビティも体験ですきので、ぜひチャンレンジしてみてくださいね!


2. 十勝川温泉(とかちがわおんせん)


音更町十勝川温泉観光協会公式ホームページ

3. 阿寒湖温泉(あかんこおんせん)

阿寒湖の南岸に広がる北海道屈指の温泉が「阿寒湖温泉」です。ここの温泉の泉質は単純泉、硫黄化水素泉などで神経痛、冷え性、疲労回復などに効能があります。旅の疲れを癒すにはもってこいの温泉ですね!ホテルから旅館までたくさんの宿泊施設があり、雄大な阿寒湖を一望できる宿も多く観光客に人気。手湯や足湯などバラエティー豊かな温泉も楽しめるのがポイント。近くには阿寒湖を85分かけてゆっくりと一周する遊覧船があります。コース途中の「マリモ展示観察センター」では特別天然記念物のマリモ(球状集合体を作る淡水性の緑藻)を観察でき、阿寒湖周辺の見事な景観が楽しめるのでおすすめですよ!有名な「雌阿寒岳(めあかんだけ)」や「雄阿寒岳(おあかんだけ)」などの登山もできるので、北海道の大自然を身近に感じたい方におすすめのスポットです。



3. 阿寒湖温泉(あかんこおんせん)


阿寒湖温泉旅館組合公式ホームページ(日本語のみ)

4. 川湯温泉(かわゆおんせん)

北海道の川上郡にある「川湯温泉」は、古くから地元民に親しまれてきた名湯。全国でも珍しい温泉が流れる川があり、その湯元を中心に旅館、ホテル、飲食店など20軒ほどが並ぶ温泉街が広がります。街の中を温泉が流れるため、湯煙がもくもくと立ち上がり、温泉気分が盛り上がりますよ!源泉100%かけ流しの温泉の泉質は硫黄泉・酸性明礬泉で、2週間で釘が溶けるほどの強酸性泉のため、温泉に入る時は貴金属は外しましょう。目や傷にしみる時があるので気を付けてくださいね。殺菌効果が高くリウマチ・糖尿病・皮フ病に効能があります。また、川湯温泉から徒歩10分ほどのところにある「川湯パーク牧場」では、初心者の体験乗馬からトレッキングまで乗馬を体験することができますよ。こちらも、ぜひ訪れてみてくださいね!


4. 川湯温泉(かわゆおんせん)


弟子屈町観光情報ポータルサイト公式ホームページ(日本語のみ)

5. 定山渓温泉(じょうざんけいおんせん)

一年を通して多くの人が訪れる温泉地「定山渓温泉」。源泉は豊平川の上流に湧いていて、その川沿いに温泉街があります。札幌市内中心部からもバスで約60分とアクセスが良好なため人気です。ここに来たら、ぜひ「定山渓散策路」や「二見吊橋(ふたみつりばし)」からのフォトジェニックな景色を楽しんでくださいね!撮影におすすめのスポットです!多くの宿泊施設があるのでゆっくりしたい方は泊まって温泉を楽しんで!観光の予定が詰まっている方は、日帰りで温泉を楽しみましょう。ここの温泉の泉質はナトリウム塩化物泉で、汗の蒸発を防ぎ、体を芯から温めてくれるのでおすすめです。


5. 定山渓温泉(じょうざんけいおんせん)


定山渓観光協会公式ホームページ

いかがでしたか?北海道にはたくさんの温泉があり、日本有数の温泉スポットです。場所によって泉質や効能、楽しみ方もさまざま。観光プランに合わせて、自分なりの楽しみ方を見つけましょう!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!