WOW! JAPAN

北海道

観光

札幌でするべきこと5選

2016.05.26

Writer name : o-dat

北海道の中心的な都市である札幌には、たくさんのグルメ・観光スポットがありますが、今回は、初めて札幌に来たらまずはここから、と言われる定番観光スポット5選を紹介していきます。

1. 北海道庁旧本庁舎

1888年に北海道庁の本庁舎として建築された「北海道庁旧本庁舎」は、「赤レンガ」の呼び名で親しまれる札幌の人気の観光スポット。アメリカ風ネオ・バロック様式の建築物で、国の重要文化財に指定されています。赤レンガ造りの美しい外観と重厚なレトロ感あふれる内観、美しい庭園が見どころ。ちなみにこの赤レンガは全部で250万個使用されているとか。一般公開している館内では、北海道の歴史的なさまざまな資料と北海道ゆかりの著名な画家による絵画を楽しむことができます。館内見学が終わったあとは、手入れの行き届いた庭園を散策するのがおすすめ。春は桜やチューリップ、秋は見事な紅葉、冬は白い雪と赤レンガの素晴らしいコントラストなど、四季を通して美しい景観が楽しめます。ぜひ、訪れてくださいね!


1. 北海道庁旧本庁舎


ようこそさっぽろ 公式ホームページ

2. モエレ沼公園

「モエレ沼公園」は、世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチが設計した「全体をひとつの彫刻作品とする」をコンセプトに作られた自然とアートが融合したとてもユニークな総合公園です。敷地が188.8haと広いので、移動にはレンタサイクルが便利。公園内には、公園を象徴する「ガラスのピラミッド」や高さ約50mの「モエレ山」では冬にはスキーができるなど、大人も子供も夢中になる仕掛けがたくさんあるので、ぜひ色々チャレンジしましょう。なかでも、噴水が高さ25mまで吹き上がり、海のような波しぶきを人工的に作り出すことができる「海の噴水」は迫力満点!まるで気分はラスベガスです。一日に数回、行われる噴水ショー(4月末~10月)は必見ですよ。
アート性が高い建築物と四季折々の自然の組み合わせのベストショットを狙うのも、ここでの楽しみ方のひとつです。



2. モエレ沼公園


公式ホームページ

3. サッポロビール園

日本有数のビールメーカーが運営する「サッポロビール園」。大きな「ジンギスカンホール」と呼ばれる建物の中に「ケッセルホール」「トロンメルホール」「ポプラ館」の3つのビアホールあり、趣が異なるホールでは、工場直送の生ビールと、北海道名物のジンギスカンを楽しめます。どのホールにするか迷ったら、最初は巨大なビールの仕込み釜がある「ケッセルホール」がおすすめです。
こだわりのフレッシュ生ビールは6種類あり、ひと味もふた味も違う美味しさです。ここでは、なんと1杯3秒でビールをグラスに注ぐんですよ。厳選素材の生ラムのジンギスカンも好評で食べ放題が2,900円(税抜)から。園内にはビールの博物館や、ガーデングリル、お土産屋さんもあるので、ゆっくり楽しめるのも嬉しいですね!


3. サッポロビール園


公式ホームページ

4. 札幌市中央卸売場外市場

札幌に来たら、新鮮な魚介類を食べたいですよね!そんな時は「札幌市中央卸売場外市場」へ。活気ある市場の雰囲気が魅力の観光スポットです。隣の中央卸売市場から届く新鮮な食材が、毎朝、鮮魚店から青果店、飲食店など約60店に並び、買い物や札幌グルメを満喫しようと観光客で賑わっています。買い物をしていると、多くの店で試食をさせてくれるので、それだけでお腹いっぱいになってしまうかも。ひととおり見て楽しんだ後は、お店で寿司や海鮮丼などを堪能しましょう。北海道はカニが有名なので、できればカニがのっているものをチョイスして!美味しくて、きっとびっくりしますよ。「魚は飽きちゃった!」という人には、スープカレーのお店もあります。6:00 am - 5:00 pmまで営業(飲食店は7:00 amから)していますが、お店が早く閉まることがあるので、訪れる時はお早めに!


4. 札幌市中央卸売場外市場


公式ホームページ

5. ノルベサで大観覧車に乗る

札幌といえば、歓楽街ススキノが有名ですが、そのススキノで有名な観光スポットがこちら「観覧車ノリア(nORIA)」。ボーリングやカラオケ、レストランから免税店など、さまざまな店舗が集まる大型アミューズメント施設「ノルベサ」の屋上に設置されている大きな観覧車です。地上78mの高さを1周約10分かけて回る観覧車の魅力は、なんといっても札幌の街並みを見渡すことができること。お手軽に絶景を楽しめると人気です。目の前に遮るものは何もなく、晴れた日は、大倉山、藻岩山などを一望することができ、夜は、ライトアップされた観覧車からきらびやかな札幌の夜景を楽しめますよ!
6月下旬から夏季限定で屋上ビアガーデンが開催されるので、夏に訪れる時は、観覧車を楽しんだ後に、冷たいビールで一休みするのもいいですね!

「観覧車ノリア(nORIA)」観覧料 600円


5. ノルベサで大観覧車に乗る


公式ホームページ(日本語のみ)

いかがでしたか?札幌の楽しみ方はいろいろありますが、迷ったらまずは定番をおさえていきましょう!今回の記事を参考に、旅行のプランを練ってくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!