WOW! JAPAN

鮮度抜群の魚介類を味わい尽くす!札幌で美味しい炉端焼きが食べられるお店5選

北海道は、海の幸と山の幸に恵まれています。その食材が集まるのが、北海道第一の都市・札幌。食材の持ち味を楽しむのなら、炭火で焼く「炉端焼き」がおすすめ。札幌の美味しい炉端焼きの店5選をご紹介します。

2017.06.15
お気に入りに追加

1. 炭焼炉ばた くし路(くしろ) 南興ビル店

北海道産の食材にこだわるお店。釧路発祥の炉端焼き料理の真髄は、四季折々の「北の味」である魚介類を、炭火の力でさらに美味しくすることです。北海道ならではのぜいたくメニューは、「きんき焼き(3,580円(税抜))」や「たらばがに焼き(2,480円(税抜))」。高級食材を豪快に焼いていただきます。専属の海鮮問屋が北海道各地から直送で仕入れる新鮮な魚介類をご賞味あれ。カウンター席だけでなく、足が伸ばせる掘りごたつの個室も用意されています。

1. 炭焼炉ばた くし路(くしろ) 南興ビル店

2. 海鮮炉ばた 隠れ家 南6条店

ひっそりとたたずむ一軒家のお店。1階には炉をU字型に囲むカウンター席があり、2階には「隠れ家」として利用するのにぴったりな個室が用意されています。こだわりの食材のひとつは、北海道の代名詞ともいえるカニ。「たらばガニ焼(2,480円(税抜))」は、炙ると甘味が増します。「紅鮭カマ(えらの下の胸びれのついている部分)焼(1,200円(税抜))」も絶品。北海道産鶏肉「知床(しれとこ)産鶏もも焼(750円(税抜))」もおすすめです。

2. 海鮮炉ばた 隠れ家 南6条店

3. 酒庵 五醍(ごだい)

札幌では老舗のお店です。店内は、大きな囲炉裏がある昔の漁師小屋風のしつらえで、ほの暗く、静かに食事やお酒を味わいたい人にぴったりの雰囲気。炉の上には、北海道を代表する魚であるホッケの干物が吊るされています。炉端で「ほっけ(1,800円(税抜))」を焼いてもらうと、表面はカリカリ、中身はふっくらとジューシーで、干物にすることで凝縮されたうまみを堪能できます。肉厚な魚の「つぼだい(2,000円(税抜)~)」もおすすめ!

3. 酒庵 五醍(ごだい)

4. 炭焼・寿し処 炙屋(あぶりや) すすきの本店

旬の食材を豪快に炭火で炙り焼きする「炉端料理」が楽しめるお店。魚介類だけでなく、肉や野菜も炙り焼きで美味しく食べられます。人気の焼き物は「羅臼産ほっけ(1,280円(税抜))」。貝類では「つぶ貝壺焼(850円(税抜))」や「活あわび炭焼き(2,080円(税抜))」も美味です。カウンター席なら、寿司も目の前で握ってもらえますよ。八貫セットの「生寿司盛合せー雅ー(2,450円(税抜))」が人気ですが、好みの食材を一貫から注文することもできます。

4. 炭焼・寿し処 炙屋(あぶりや) すすきの本店

5. ろばた大助(おおすけ) 本店

店名の「大助」とは、北海道の味覚のひとつである鮭の王様「キングサーモン」のことです。お店の目標は「3品の料理はどこの店にも負けたくない」だとか。3品とは、ホッケ、毛ガニ、鮭鱒(ケイソン)のことで、この3品の料理「ほっけ開き(1,280円(税込))」、「活茹で毛ガ二(500g)(4,000円〜)」、「桜ます開き(1,580円(税込))」はぜひご賞味あれ。また「毛ガニチャーハン(980円)」は、料理長しか作れない逸品です。

5. ろばた大助(おおすけ) 本店

北海道は、太平洋やオホーツク海でとれる魚介類、広い大地でとれる野菜類や肉類など、食材の宝庫。多くの人が抱く「食べ物が美味しい」北海道という印象。それが事実か、自分の舌で確かめてください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: KUS

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!
  • UHA味覚糖のコロロ

おすすめ記事