WOW! JAPAN

絶品いくら丼が食べられる北海道のお店5選

北海道へ行ったら一度は食べてみたいのが、どんぶりからこぼれるくらいのいくらがのったいくら丼。また、お店によって味わいも色々です。今回は絶品いくら丼が食べられる、北海道のお店5選をご紹介。

2017.03.30

1. 海味はちきょう 本店

札幌屈指の繁華街すすきの駅から徒歩1分。漁に出た船が大漁だった際に掲げる「大漁旗」が店内の壁に飾られた、北海道の食材にこだわったお店です。名物は「おいさーおいさー」という掛け声とともに、目の前にあるご飯が盛られたどんぶりにいくらがどんどんかけられていく「つっこ飯(1,990円(税込))」。味もさることながら、その豪快なパフォーマンスでも人気の逸品。あふれる位のいくらの量でお客さんがストップというまでイクラの醤油漬けをかけてくれます。残すと罰金があるのでご注意を!木の温もりが感じられるカウンター席やテーブル席、掘りごたつ席、個室でゆっくりといただくことができますよ。

1. 海味はちきょう 本店

2. 海鮮炉ばた 産地直送北海道

JR札幌駅から徒歩1分。店内には目の前で料理人が調理している様子が眺められるカウンター席、2人専用のカップルシートや半個室の掘りごたつ席などが用意され、シチュエーションに合わせて新鮮な海鮮料理などを楽しむことができます。名物は豪快にいくらが盛り付けられる「なまらこぼしいくら丼(1,980円(税抜))」。その名の通り、どんぶりから贅沢にこぼれるいくらを、思う存分満喫することができます。(1組1台限定)

2. 海鮮炉ばた 産地直送北海道

3. 魚活鮮とあぶり焼 海へ 時計台前店

札幌の人気スポット「札幌時計台」にほど近い、地下鉄大通駅から徒歩3分。その時々の旬の海の幸が楽しめる海鮮居酒屋です。掘りごたつ席や座敷の全席個室なので、のんびりとした空間のなか、毎日仕入れられた新鮮な魚介類を堪能できます。どんぶりにたっぷりいくらがのった「豪快いくら丼(1,990円(税抜))」は、お酒を飲んだ後でもペロリと食べられてしまう美味しさ。いくらとうにを贅沢に味わえる「雲丹いくら丼(2,290円(税抜))」も人気です。

3. 魚活鮮とあぶり焼 海へ 時計台前店

4. どんぶり茶屋 札幌二条市場店

札幌の数ある市場のなかでも最も歴史のある「二条市場」内にある海鮮丼専門店です。元魚屋だったお店だけに、その素材の良さは折り紙付き。市場の活気を感じながら新鮮な海鮮丼の数々に舌鼓を。「特製いくら丼(1,980円(税込))」は、秘伝のタレに漬け込んだいくらがたっぷりのった逸品。ほかにも、小ぶりの海鮮丼4つに鉄砲汁(かにのみそ汁)がセットになった「丸鮮丼(3,480円(税込))」や、ぼたんえびが4尾、甘えびが6尾ものった「海老づくし丼(2,280円(税込)) 」などもあり、海鮮丼好きにはたまらないお店です。

※写真は丸鮮丼

4. どんぶり茶屋 札幌二条市場店

5. 函館朝市 きくよ食堂 朝市本店

函館に来たならぜひ立ち寄りたいお店がこちら。JR函館駅から徒歩1分とアクセスもよく、1956年創業の老舗の名物食堂です。こだわりは幻の炭火蒸し釜戸でふっくらと炊き上げた甘く粘りのあるご飯。その上に新鮮な魚介がたっぷりのった海鮮丼は一度食べたらやみつきになるほど。ほとんどのメニューにミニ丼の設定があります。人気の「いくら丼(1,480円(税抜))」や、うに、いくら、ほたてがたっぷりのった「元祖函館 巴(ともえ)丼(1,680円(税抜))」は函館ならではの贅沢な逸品です。

こんなに贅沢な「いくら丼」を味わえるのは北海道ならでは。是非あなた好みの「いくら丼」を見つけてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: masuda

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!