WOW! JAPAN

北海道

グルメ

札幌のおすすめのおしゃれなカフェ5選

2016.08.04

Writer name : Mayuka Ueno

北海道の中でも札幌には特におしゃれなカフェがたくさんあります。今回はその中から5店を厳選してご紹介!

1. 大倉山 月見想珈琲店

木の温もりを感じながら寛げる「大倉山 月見想珈琲店」。間接照明や薪ストーブが心地良い空間を演出しています。サイフォン式コーヒーやイギリスから直輸入しているこだわりの紅茶、デザートが人気のお店です。丁寧に淹れられた「月見想ブレンド(600円)」は、ほろ苦さと甘みのバランスがよく飲みやすい1杯。また、濃厚でしっとりしたチョコレートとなめらかなクリームが味わえる「ガトーショコラ&クレームブリュレ(650円)」や、北海道のこだわり卵をたっぷり使用しふわふわに焼き上げた「シフォンケーキ(550円)」などのデザート類を注文すると、お皿の上にチョコペンで可愛らしいアートが描かれて提供されます。ラテアートも希望すればやってくれるそうなので、女性が喜ぶこと間違いなしです。その他リゾットやカレーなどのフードメニューもあり、金・土曜日は12:00 amまで営業しているので、夜まったりするのもおすすめ。特にデートにぴったりなお店でしょう。


1. 大倉山 月見想珈琲店


公式ホームページ(日本語のみ)

2. RITARU COFFEE

豆選びから徹底的にこだわった“至極の一杯”が味わえる「RITARU COFFEE」。1階は豆の販売、2階がカフェになっていて、ブラウン調のスタイリッシュな店内は大人の隠れ家のような雰囲気。自家焙煎のコーヒーは常時15種類前後のメニューがあり、中でもお店の名前がつけられた「りたるブレンド(580円(税込))」は、程よいコクと焙煎の香ばしい香りがいつまでも楽しめる味わい深い一杯。そしてケーキも時期によって変わりますが、コーヒーに合う程よい甘さの品々がラインナップしています。おすすめは9:00 am - 11:00 amまでのモーニング。コーヒーの種類によって若干値段は変わりますが、ハーフトーストとゆでたまごがついたセットが700円前後とお得です。その他コッペパンにソーセージがのった「こっぺドッグ」とゆでたまごのセットで850円(税込)など、おいしいコーヒーと一緒にゆったりした朝時間を過ごせる素敵なカフェです。


2. RITARU COFFEE


公式ホームページ(日本語のみ)

3. 宮越屋珈琲

「宮越屋珈琲」は北海道内に15店舗以上を構え、東京にも数店舗を構える本格派コーヒーチェーン店です。北海道を代表する喫茶店としても知られ、“誰にとってもおいしいコーヒー”をコンセプトに、飲みやすいものからコーヒー好きを唸らせる一杯まで、さまざまな種類を楽しむことができます。そしてどの店舗も内装がおしゃれで、店舗によって雰囲気が違うので行き比べたくなります。共通しているのはモダンな店内に飾られた店それぞれのディスプレイ。写真や絵画、コーヒーカップなどが落ち着いた雰囲気を醸し出しているんです。もちろんコーヒーも爽やかな中深煎りが飲みやすい「マイルドブレンド」や、しっかりしたコクの深煎り「フレンチブレンド」をはじめ、さまざまな種類のコーヒーを味わえます。また、自家製のケーキも種類豊富。特にチーズケーキはスフレっぽい軽やかな食感が大人気です。是非試してみてくださいね。


3. 宮越屋珈琲


公式ホームページ(日本語のみ)

4. 森彦

“カフェ好きが集まる聖地”と呼ばれるほど人気の「森彦」。草木に覆われた古民家をリノベーションした空間は、映画のワンシーンに出てきそうな、シンプルだけれども隅々まで温もりを感じる特別な雰囲気があふれています。コーヒーは自家ロースト工場の直火式釜でローストされた薫り高い豆を使用。一杯一杯ネルドリップされ、カップも陶芸家が森彦のために焼いたというもので提供されるので、それだけで既においしく感じてしまいます。もちろん本当に味も絶品。ブレンドや季節のコーヒーなど常時10種類以上があり、ケーキも自家製パウンドケーキからタルト、シフォンケーキ、ガトーショコラなど、コーヒーと相性抜群なものばかり並びます。北海道内には本店の他に5店舗あり、どのお店も本店とは違った洗練さを併せ持った空間になっているので、本店で森彦の虜になったら是非別の店舗にも足を運んでほしいです。

写真はATELIER Morihikoのものです


4. 森彦


公式ホームページ(日本語のみ)

5. jETSET.

インテリアにこだわった、雑貨屋のようなスタイリッシュかつポップな雰囲気が人気の「ジェットセット」。一軒家をそのままカフェにし、ゆったり落ち着ける空間と“カフェ飯”が人気のお店です。看板メニューは「塩キャラメル&バニラアイスのパンケーキ(950円)」などのパンケーキと「エッグベネディクト(1,050円)」。パンケーキは1枚でもずっしりつまった生地なのでボリューム抜群。塩キャラメルの甘じょっぱさが染み込むほどにしっとりしてくるのがたまりません。エッグベネディクトは具材を生ハム、ベーコン、スモークサーモン、ハーブチキンの中から選べ、ポーチドエッグと自家製オランデーズソースとの相性はどれも抜群!北海道グルメを一通り堪能した後はおしゃれなカフェでパンケーキやエッグベネディクト、なんていうのも目いっぱい観光した気分になりますね♪


5. jETSET.


公式ホームページ(日本語のみ)

いかがでしたか?カフェ激戦区の札幌には、こだわりのつまった個性的なカフェがたくさんあります。是非足を運んでみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事