close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

「嚴島神社」と「原爆ドーム」という二つの世界遺産で有名な広島県。「日本の縮図」と呼ばれるほど変化に富んだ自然が広がり、お好み焼きなどグルメも盛りだくさん。今回は広島でおすすめのスポット30選をご紹介します。

広島ってどこにあるの?

広島は本州の中国エリア南部、瀬戸内海に面した場所に位置しています。広島駅まで、新幹線で東京駅から約4時間、新大阪駅から約1時間30分。また広島空港へは、シンガポール、ソウル、北京、台北、上海から直行便が出ています。
県内は、広島市内・宮島、芸北、備北、備後の4エリアに分けることができます。以下、順番に見ていきましょう。

広島市内・宮島エリア

広島県の南、沿岸部に広がるエリア。広島市は第二次世界大戦中に原爆が落とされた街。「原爆ドーム」などの平和関連施設のほか、「広島城」などの歴史的な名所も点在しています。宮島は「嚴島神社」で有名な島。廿日市市(はつかいちし)の「宮島口」からフェリーで約10分の距離にあります。

平和記念公園を散策する

「平和記念公園」は、広島市の中心部に位置する公園。1945年8月6日、もともと繁華街だったこの地の近くに原爆が落とされ、約14万人の命が奪われました。その後、世界の恒久平和を願って建設されたのがこのスポットです。園内には、原爆関連施設が点在。ほかにも画像の原爆死没者慰霊碑(広島平和都市記念碑)や平和の鐘などが建てられており、平和への祈りが込められています。

平和記念公園を散策する

広島県広島市中区中島町1

原爆ドームを訪れる

原爆ドームは、もともとは「広島県産業奨励館」という名前の建物でした。西洋風のレンガ造りで、銅板の楕円形ドームが載せられていたといわれています。しかし南東約160m、高度約600mの地点で原爆が炸裂。建物は爆風と熱線によって大破し、本館中心部だけが奇跡的に倒壊を免れました。その無惨な姿は原爆の悲惨さを現代に伝え、核兵器廃絶と恒久平和の誓いのシンボルとして1996年に世界文化遺産に登録。広島を訪れるなら、ぜひ一度は足を運んでほしいスポットです。

原爆ドームを訪れる

広島県広島市中区大手町1-10

広島平和記念資料館を訪れる

核兵器廃絶と世界の恒久平和を願って建てられた資料館。館内には原爆の悲惨さを物語る写真や被爆者の遺品を展示。英語など多言語による音声ガイドの貸出(400円)も行っています。国の重要文化財に指定されている「本館」自体も見所。

観覧料:一般(大学生以上)200円、高校生100円(20人以上の場合、無料)、中学生以下無料

広島平和記念資料館を訪れる

広島県広島市中区中島町1-2

広島城で記念撮影する

かつては国宝にも指定されていた名城。原爆が落とされた際に倒壊してしまい、現在の天守閣(城のシンボルとなる建物)は1958年に再建されました。木の板が張り付けられた古風な外観が特徴。また天守閣内部は博物館になっており、常設展示のほか、様々な企画展が行われています。人気の体験コーナーでは侍の衣装などを着て写真撮影ができるので旅の思い出におすすめですよ。

天守閣観覧料:一般370円、シニア(65歳以上)・高校生180円、中学生以下無料(税込)

広島城で記念撮影する

広島県広島市中区基町21-1

広島のお好み焼きは必食!

お好み焼きは、日本の庶民的グルメの一つ。主に「関西風」と「広島風」が知られています。関西風の場合、桜えびや肉、野菜など好みの材料を小麦粉で作った生地と混ぜてから、鉄板で焼いて食べます。広島風も好みの具材を使用するのですが、まず生地を薄くのばし、その上に具材をのせます。それをへらで鉄板に押しつけながら焼き、最後に薄焼き卵で表面を覆うのが主流。また具材として千切りキャベツや麺類、豚肉を使用するのも特徴です。

世界遺産・嚴島神社を参拝

嚴島神社は、12世紀に造営された由緒ある神社。海に浮かぶ大鳥居(神社の参道入口に立てて神域を示す門)の姿は、広島のみならず日本を代表する絶景です。干潮時には大鳥居の下まで近づき、そばで眺めることもできます。
大鳥居ばかり注目されがちですが、荘厳な社殿も見所。大鳥居同様、朱色に塗られた建物群で、背後に広がる原生林の緑、海の青と美しく調和しています。また社殿中央の高舞台では1年を通して様々なイベントを開催。特に年に何回か催される「舞楽」は、タイミングが合えばぜひ見てほしい神事。伝統的な音楽を伴奏にした舞踏が披露されます。

昇殿料:一般300円、高校生200円、小・中学生100円

※大鳥居は2019年6月より修繕工事を行っています(終了時期未定)。工事の状況など詳細情報については公式ホームページをご確認ください。

世界遺産・嚴島神社を参拝

広島県廿日市市宮島町1-1

表参道商店街でもみじ饅頭を買う

嚴島神社の参拝を終えたら、近くの「表参道商店街」で食べ歩きを楽しみましょう。焼き牡蠣や天ぷらなど色々な食べ物をテイクアウトでき、まるでお祭りの屋台のように賑わっています。中でも必食なのが、宮島名物「もみじ饅頭」。これはもみじの葉の形に焼き上げた和菓子で、こし餡をカステラ状の生地で包んだものが主流です。島内には数多くのもみじ饅頭店があり、こし餡の代わりにチョコレートやブルーベリーを入れるなどどれも特色豊か。「紅葉堂」ではもみじ饅頭を油で揚げたお菓子「揚げもみじ」も販売しています。

表参道商店街でもみじ饅頭を買う

広島県廿日市市宮島町

日本情緒あふれる縮景園を散策

広島城の近くに位置する日本庭園。大小10余りの島々が浮かぶ池「濯纓池(たくえいち)」を中心に非常に美しい景色が広がっています。園内は自由に歩いて回れる回遊式。「こけら葺き」という屋根形式が印象的な「清風館」をはじめ、随所でフォトジェニックな風景に出合えます。秋には紅葉が観賞できる名所としても有名。特に日没後、真っ赤に染まった木々が暗闇を背景にライトアップされた姿は幻想的です。

入園料:一般260円、高・大学生150円、小・中学生100円

日本情緒あふれる縮景園を散策

広島県広島市中区上幟町2-11

宮島水中花火大会を見る

宮島の夏の風物詩。水上から打ち上げられる花火と、水面で半円状に開く水中花火とが、夜の宮島を幻想的に彩ります。花火の光によって浮かび上がる大鳥居のシルエットも見所の一つ。
非常に人気のあるイベントのため、当日は混雑が予想されます。落ち着いて観覧したい方には「宮島水族館」の裏手など、フェリー乗り場や嚴島神社から離れた場所がオススメ。

宮島水中花火大会を見る

広島県廿日市市宮島町1-1

宮島で絶品あなごめしを食べる

宮島名物「あなごめし」は、ウナギに似た見た目の海水魚「あなご」を蒲焼き(骨を取り、しょうゆをベースにしたタレにつけて焼く調理法)し、ご飯の上にのせた丼料理です。宮島と宮島口には、100年以上の歴史を持つ老舗「うえの」やミシュラン一つ星を獲得した「ふじたや」をはじめ、あなごめしのお店が数多く存在。現地で迷わないように、前もってどのお店にするか決めておきましょう。

瀬戸内海をクルーズする

本州と四国の間に広がる「瀬戸内海」は、数多くの船舶が行き交う海。様々なタイプの客船もあり、特に宮島周辺のクルージングが人気です。たとえば定期便「JR西日本宮島フェリー」は9:10 am - 4:10 pmに、大鳥居に接近する「大鳥居便」を運航。嚴島神社の社殿を海上から大鳥居越しに眺めることができます。ほかにもコース料理を味わいつつ宮島の風景を堪能できる「瀬戸内海汽船 GINGA」など、どの客船も個性豊かです。

広島の海産物、牡蠣を食べる

宮島を訪れるなら絶対に食べておきたいグルメ「牡蠣」。広島は、日本一の牡蠣生産量を誇ることで知られています。宮島では、そんな広島を代表する海産物の牡蠣が多くのお店で提供されています。生で食べるもよし、焼いて食べるもよし。口に入れた瞬間、牡蠣の風味を感じることができますよ。おすすめは「焼がきのはやし」。日本初の、焼がき発祥の店としてその名を広め、数々の栄誉ある賞を受賞しました。上質な牡蠣だけを取り扱う牡蠣専門店「牡蠣屋」もおすすめですよ。お酒のお供にもピッタリなので、ワインやビールを片手にぜひ、宮島の牡蠣を味わってみてください。

広島名物ホルモン天ぷらを食べる

広島のB級グルメとしてふつふつと注目を集めている「ホルモン天ぷら」。広島では、子どもから年配の方まで幅広い世代で愛されている名物料理です。歯ごたえたっぷりの牛のホルモンを衣でふわふわに揚げた一品。ピリ辛の酢じょうゆにつけて食べるのが広島流です。広島市西区エリアに、ホルモン天ぷらを提供するお店が集結していますので、ぜひ近くへ立ち寄った際は、食べてみてくださいね。

芸北エリア(三段峡・安芸高田)

広島県北西部にある、豊かな自然にあふれたエリア。田園や湖の優美な景色から、渓谷の勇壮な絶景まで、様々な見所が存在しています。スキー場が多いのも特徴の一つ。

日本の棚田100選の井仁の棚田で絶景を見る

農林水産省認定の「日本の棚田100選」やCNNの「日本の最も美しい場所34選」にも選ばれた絶景スポット。「棚田」とは急斜面に作られた階段状の水田のことで、棚田の間を通るあぜ道が幾何学模様を描き、夏は緑一色、秋は黄金色に彩られます。上から眺めたり、下から見上げたりと、角度を変えて色々な風景を楽しみましょう。6月上旬には田植え体験、10月上旬には稲刈り体験など、伝統的な農法に参加できるイベントもあります。

日本の棚田100選の井仁の棚田で絶景を見る

広島県山県郡安芸太田町中筒賀井仁

春に土師(はじ)ダム(八千代湖)周辺で桜を観賞する

土師ダムが作り出したダム湖「八千代湖」は、西日本指折りの花見の名所。例年3月下旬から4月上旬にかけて「土師ダム桜まつり」が開催され、約6,000本もの桜が湖面とともに美しい景観をつくり出します。湖畔に沿って自転車専用道路が整備されているので、自転車を借りてサイクリングしながら桜を楽しむのもオススメ。そのほか、カヌーやボート、キャンプといったアクティビティも用意されていて、様々な楽しみ方が可能です。

春に土師(はじ)ダム(八千代湖)周辺で桜を観賞する

広島県安芸高田市八千代町土師

三段峡の美しい景観を楽しむ

「三段峡」は全長約16kmの大峡谷。エメラルドグリーンの水面が美しい「黒淵」や、高い岩壁の間を渡し船で通れる「猿飛」、山水画(自然の風景を描いた東洋画)のような趣のある「姉妹滝」など、数多くの見所を有しています。付近一帯には原始林が生い茂り、秋には紅葉を観賞できる名所としても有名。特に、三段からなり力強く滝が流れ落ちる「三段滝」は、真っ赤な紅葉と調和した美しい景観を形づくります。

三段峡の美しい景観を楽しむ

広島県山県郡安芸太田町柴木

安芸高田市歴史民俗博物館で歴史を学ぶ

戦国時代(1467年~1590年※諸説あり)、広島が属する中国地方全域に勢力を広げ、のちに戦国大名になった毛利元就(もうり もとなり)。そんな毛利氏について学べる博物館が、ここ「安芸高田市歴史民俗博物館」です。毛利氏の歩んだ歴史はもちろん、当時拠点としていた、郡山城跡に関する歴史も知ることができますよ。風景やグルメだけでなく、広島の歴史について触れてみるのもいいですね。ぜひ、日本の歴史にその名を刻んだ偉人について学んでみてはいかがでしょうか?

安芸高田市歴史民俗博物館で歴史を学ぶ

広島県安芸高田市吉田町吉田278-1

備北エリア(庄原・三次)

広島県北東部、「庄原市」と「三次市」の周辺エリア。カルスト台地や美しい滝、一面のひまわり畑など、変化に富んだ景色が広がっています。

ほたる見公園で夏の風物詩ホタルを観賞する

毎年6月から7月にかけてホタルを観賞できるのが「ほたる見公園」。清流沿いに位置し、デリケートな生物であるホタルでも群生できるほど自然豊かです。ホタルの中でも最も強い光を放ち、光る間隔も長い「ゲンジボタル」が生息しているのもこのスポットの特徴。夜に闇の中でゲンジボタルが乱舞する光景は、とても幻想的です。園内にはキャンプ場があり、昼間には川遊びや魚釣り、自然散策もできます。

ほたる見公園で夏の風物詩ホタルを観賞する

広島県庄原市口和町大月2-1

帝釈峡で自然を堪能する

全長18kmの峡谷「帝釈峡」は、広島を代表する景勝地。日本一の天然橋「雄橋(おんばし)」をはじめ、奇岩や急な崖、湖など見所がたくさん。中でもオススメなのが奥行き約200mの鍾乳洞「白雲洞」。鍾乳石や石筍が良質な状態で保全されていて、自然がつくり上げた幻想的な光景が広がっています。このほかカヤックや水陸両用車といったアクティビティも体験可能。

白雲洞入場料:一般300円、高校生200円、小・中学生150円

帝釈峡で自然を堪能する

広島県神石郡神石高原町

国営備北丘陵公園で美しい花に癒やされる

国営備北丘陵公園(こくえいびほくきゅうりょうこうえん)は、広大なお花畑や体験教室、スポーツ広場などがある大型複合施設です。家族や友人、カップルみんなが楽しめるスポットとして人気を集めています。一番の見どころは、美しく咲き誇るお花畑。春(4月中旬から5月上旬)には、チューリップや桜、ポピーなどが見ごろとなります。日本最大規模を誇る「スイセンファンタジー」も必見。夏にはひまわりが華やかに一面を彩ります。一年を通して様々な魅力があふれる国営備北丘陵公園。歩き疲れたら、美しい花を観賞しながらのんびり過ごすのもいいかもしれませんね。

入園料金:大人450円、シニア(満65歳以上)210円、小・中学生無料

国営備北丘陵公園で美しい花に癒やされる

広島県庄原市三日市町4-10

広島三次ワイナリーでワインを味わう

広島県三次市は、気候や風土がワイン造りに適していると言われています。その強みを生かし、ワインの生産が盛んに行われる三次エリアでは、ワイン好きなら絶対に訪れたいスポットがあります。それがここ、「広島三次ワイナリー」です。こちらでは、ワインの製造過程の見学から、美味しいワインの試飲まで、広島産のワインを思う存分楽しむことができますよ。施設内には、広島和牛が食べられるバーベキューガーデンや、三次で採れた野菜や米を使った料理が食べられるカフェなど、三次ならではの美味しいグルメを味わうこともできます。

広島三次ワイナリーでワインを味わう

広島県三次市東酒屋町10445-3

上野公園で美しい桜景色を見る

桜シーズンに広島を訪れるならぜひ「上野公園」へ足を運んでみてください。上野池に沿って、約600本もの美しいソメイヨシノが春を彩ります。実は上野公園は、さくら名所100選にも選ばれるほど、美しい桜が見られるスポットとして有名なんです。また、夜には明かりが灯り、日中の桜とは違った表情を見せてくれます。天気がよく過ごしやすい日には、お花見をしてみてはいかがでしょうか?きっと美しい旅の思い出になるはずです。

上野公園で美しい桜景色を見る

広島県庄原市東本町1

三次本通りで昔ながらの街並みを楽しむ

「三次本通り」は今もなお、昔ながらの街並みが残る場所。江戸時代(1603年~1868年)以降、三次は、広島県北部の地域において、政治経済や文化の中心として栄えた街でした。そんな時代背景を今も感じることのできる三次本通り。まるで日本の昔にタイムスリップしたかのような雰囲気を味わうことができますよ。情緒あふれる街並みをゆっくり散策してみましょう。

三次本通りで昔ながらの街並みを楽しむ

広島県三次市三次町

備後エリア(福山・尾道)

広島県南東部、瀬戸内海に面したエリア。名城「福山城」や美しい町並みが広がる「尾道」・「鞆(とも)の浦」といった歴史スポットが点在しています。

港町鞆の浦でノスタルジックな景色を楽しむ

「鞆の浦」は、ジブリ映画『崖の上のポニョ』の舞台として有名な港町。昔ながらの家屋や石垣、石畳が、レトロな町並みをつくり上げています。特に港湾施設が絶好のフォトスポット。夕暮れ時には、高さ約10mの「常夜灯」に灯りがともされ、懐かしさを感じさせるような雰囲気があたりを包み込みます。
このスポットを訪れたら、まず「鞆の浦観光情報センター」に立ち寄るのがオススメ。英語、中国語、韓国語などの多言語MAPや観光情報を入手しましょう。

港町鞆の浦でノスタルジックな景色を楽しむ

広島県福山市鞆町

尾道でしまなみ海道サイクリングを楽しむ

尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60kmの道路「瀬戸内しまなみ海道」。形も色も異なる7つの橋と自然豊かな島々が、美しい景色を生み出しています。サイクリングスポットとして有名で、CNN「世界で最もすばらしい7大サイクリングコース」に選ばれるほど。沿線各地にはレンタサイクルのターミナルが設置されており、乗り捨て(借りたターミナル以外のターミナルに返却すること)サービスも活用可能。潮風に吹かれつつ気楽に海上のサイクリングを楽しめます。

尾道でしまなみ海道サイクリングを楽しむ

広島県尾道市〜愛媛県今治市

福山夏まつりに参加する

毎年8月中旬の3日間、福山市で夏まつりが行われます。期間中に催されるイベントは、和楽器が奏でる独特のリズムに合わせて踊り歩く「二上りおどり」や、参加チームごとに個性的な衣裳や踊りが披露される「いろは丸YOSAKOI」など、見ている人も一体感を味わえるものばかり。最終日には芦田川の水面上で色とりどりの花火が打ち上げられます。特に西日本一の長さ約1,400mの水上スターマインは圧巻です。

福山夏まつりに参加する

広島県福山市霞町1-6-15

尾道ラーメンを食べる

「尾道ラーメン」は、「尾道」をはじめ広島県東部で主流のラーメン。豚の背脂のミンチをスープに浮かべた、濃厚な味わいが最大の特徴です。麺は中細で平打ち。鶏ガラで取った澄んだスープは醤油がベース。加えて、小魚を煮出して取ったダシを用いることで、独特の風味を出すのが一般的です。そんな尾道に数あるラーメン店の中でもおすすめなのが「つたふじ」。スープにミンチ状の背脂、鶏ガラと魚介のダシを使うなど尾道ラーメンのまさに王道を提供する老舗ラーメン店です。人気店ゆえにお昼時は混雑してしまうので、早めにお店へ行くことをおすすめします。

千光寺を参拝する

正式名称:大宝山権現院千光寺
「千光寺」は尾道のシンボルと言われています。今からはるか昔、806年に創建された歴史あるお寺です。千光寺の「鐘楼※1」から響く音色はとても美しく、日本の音風景100選にも選ばれました。その音色を聴くことができるのは、12月31日に「除夜の鐘※2」を鳴らすとき。もし大みそかに広島を訪れる機会があれば、ぜひ美しい音色に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

※1…鐘を吊るすための独立した建物。
※2…毎年大みそかにお寺にて行われる風習。一般的に108回の鐘を鳴らす。

千光寺を参拝する

広島県尾道市東土堂町15-1

千光寺公園展望台から尾道の景色を楽しむ

「千光寺公園展望台」からは、尾道の景色や瀬戸内海を一望することができます。さらに近くの売店では、ご当地ソフトクリームを買うことができるので、美味しいソフトクリームと絶景を楽しみながらちょっと休憩するのもいいかもしれませんね。また、桜や藤など、シーズンによって四季折々の花を楽しむこともできますよ。千光寺を参拝したあとにぜひ立ち寄ってみてください。

千光寺公園展望台から尾道の景色を楽しむ

広島県尾道市西土堂町19

福山城で歴史を感じる

歴史的重要人物である徳川家康のいとこ、水野勝成が支配していたとされる「福山城」。勝成は、数々の戦いで勝利し、あまりの強さからある書物では、「倫魁不羈(りんかいふき)※」と記されるほど。そんな偉人が支配していた城が福山城です。しかし残念ながら当時の城は1945年8月の空襲により焼失。現在は復元された城を見学することができます。城内では、当時の歴史や書画、甲冑などが展示されています。日本の歴史に栄光を刻んだ水野勝成の人生をぜひあなたの目でご覧ください。

※あまりにすごすぎて、誰にも縛りつけることはできないという意味。

福山城で歴史を感じる

広島県福山市丸之内1-8

広島にはこのほかにも宮島の「弥山(みせん)」のような観光名所や、福山の「ばら祭」といったイベントも盛りだくさん。ぜひ一度、実際に足を運んでみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!