WOW! JAPAN

【広島】厳島神社だけじゃもったいない!宮島の観光スポットガイド

「宮島」は広島の人気観光地。世界文化遺産「厳島神社」が有名ですが、それ以外にも見て回って欲しいスポットがたくさんあります。そこで今回は、宮島をより楽しむためにおすすめのスポットをご紹介!

2018.05.17

1. 弥山

標高約535mの宮島の主峰。山上に大小無数の奇石怪石が点在し、古くから信仰の対象として神聖視されてきました。そのため手付かずの自然が多く残されています。特に厳島神社後背地の常緑広葉樹エリア「弥山原始林」には、日本の縮図とも言うべき多様な植物が存在。国指定天然記念物および世界遺産となっています。山腹には1,200年以上の伝統をもつ「弥山本堂」や、日本唯一の鬼の神様を祀る「三鬼堂」など寺社も存在。さらに山頂には360度大パノラマの展望台があり、瀬戸内海はもちろん、天気のよい日には四国連山まで望めます。


2. 清盛神社

厳島神社の西、海岸沿いの「西松原」に位置する神社です。御祭神は日本人なら誰でも知っている有名な武将「平清盛(1118-1181年)」。平氏の棟梁として活躍し、朝廷の政権を完全掌握して栄華を極めた人物です。厳島神社の現在の荘厳な社殿を造営し始めたのも、実は清盛。宮島繁栄の礎を築いたこともあり、現在でも島民達に愛されています。2018年は清盛生誕からちょうど900年の節目。島内では様々なイベントが企画されていますよ。


3. 豊国神社(千畳閣と五重塔)

島内最大の建築物「千畳閣(豊国神社)」は1587年、武将「豊臣秀吉(1536-1598年)」の命により建立された大経堂。秀吉の死により一部未完成のまま現在に至っていますが、金箔をあしらった瓦などの豪華な意匠が荘厳な威容を湛えています。 「五重塔」は千畳閣の隣に建つ仏塔。1407年に建立された高さ27.6mの朱塗りの建物です。和様と唐様を融合させた建築様式が特徴。非常に写真映えする建物であり、厳島神社と一緒に写真を撮ったり、近くから空を見上げる形でとったりと、様々な人気撮影スポットが存在しています。

千畳閣昇殿料:大人・高校生100円、小・中学生50円



3. 豊国神社(千畳閣と五重塔)

4. 大聖院

1,200年以上の歴史を有する宮島最古の寺院。真言宗御室派大本山であり、天皇行幸の際の宿泊先に選ばれるなど、高い格式を誇ります。「十一面観世音菩薩」や「不動明王」をはじめ、数多くの仏像をお祀りしているのが特徴。中でもぜひ訪れたいのが、「一願大師」。一つだけ願い事を叶えてくれる仏様と言われていて、人気を集めています。他にも境内最大の建物である「観音堂」など、見応えたっぷりのスポットです。ざっと見るだけでも1時間は楽しめますよ。



5. 紅葉谷公園

「紅葉谷公園」は弥山の麓、紅葉谷川に沿って広がる公園です。紅葉の名所として名高く、植えられている紅葉は約700本。見頃となる11月中旬から下旬にかけて、多くの観光客で賑わいを見せます。秋以外にも春には桜、夏には新緑と、四季折々の自然を堪能できるんですよ。特に初夏には、入り口にかけられた「もみじ橋」の景観がおすすめ。緑色の木々と橋の朱色とが美しいコントラストをなしています。


いかがだったでしょうか。宮島には今回ご紹介した以外にも、魅力的なスポットが盛りだくさん。厳島神社だけではなく、宮島全体を堪能してくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: iizuka

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!