close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

広島ってどんなところ?

広島は本州の西部に位置し、本州と四国の間の瀬戸内海に面した都市です。目の前の瀬戸内海は穏やかな海で知られ、年間を通して晴天の日が多いので観光しやすい土地と言えます。
観光地としては、宮島と原爆ドームという二つの世界遺産があることもポイント!記事の中で詳しくご紹介していきますね。

広島の天気

広島の中心地・広島市の気候は比較的穏やか。最も寒い1月で平均して5℃ほど、最も暑い8月で28℃ほどとなっています。晴天の日が多いので、雪が降ることもあまりありませんよ。
もし宮島を観光するなら、冬は海からの風が寒いかもしれません。マフラーなどでしっかり防寒してくださいね。

広島へのアクセス

東京から広島へのアクセスは、新幹線で約4時間。飛行機では羽田空港から約1時間25分、成田空港から約1時間40分で広島空港へ、さらに広島空港からバスに乗り45分で広島駅へ到着します。
関西から広島へのアクセスは、新幹線で大阪から約1時間30分、京都から約1時間40分となっています。
他にも、海外から広島空港への定期便もあり、ソウルや大連、北京、上海、香港、台北、シンガポールから直行することもできますよ!

広島の名物料理

広島に来たら必ず食べたいのは、何といっても牡蠣、穴子、そして広島風お好み焼き!
牡蠣や穴子は、この後ご紹介する宮島観光をしながら食べるのがおすすめ。
もう一つの名物・広島風お好み焼きは、鉄板に小麦粉で作った生地を円形にのばし、その上にキャベツ・もやし・豚肉・焼きそば・卵などを重ねて焼いたもの。ソースなどをかけて食べる庶民の味です。大阪名物のお好み焼きが記事の中に具を混ぜ込んで焼くのに対して、具材を重ねて焼く広島焼は中で蒸された野菜の甘みとシャキシャキ感を楽しめますよ。

【1日目】7:00 am:広島駅

初日は宮島観光+広島グルメを満喫するコースです。スタートは広島駅から。JRの山陽新幹線・山陽本線・芸備線のほか、路面電車である広島電鉄の乗り入れがあります。今回のコースでは広島電鉄「広島駅」駅を利用します。

【1日目】7:00 am:広島駅

広島県広島市南区松原町

移動▶広島駅→袋町駅

JR「広島」駅から広島電鉄「広島駅」駅まで徒歩5分。約15分乗車して「袋町」駅下車。

7:30 am:ANAクラウンプラザホテル広島「日本料理 雲海」でモーニング(約60分)

袋町駅から徒歩2分

まずは優雅に朝食を楽しみましょう。「ANAクラウンプラザホテル広島」は袋町駅より徒歩1分の好立地にある人気ホテル。5階「日本料理 雲海」は日本庭園を眺めながら食事ができるお店です。正統派の和食に舌鼓を打ち、朝からゆったりとした時間を過ごせます。

7:30 am:ANAクラウンプラザホテル広島「日本料理 雲海」でモーニング(約60分)

広島県広島市中区中町7-20 5F

9:00 am:広島駅から電車+フェリーで宮島へ(約30分)

朝食を終えたら袋町駅から再び広島駅に戻り、今度は宮島をめざして出発。フェリーに乗車し、展望デッキから宮島の景色を鑑賞しつつ島をめざしましょう。

フェリー運賃:大人片道180円、小人(6才以上12才未満)片道90円

9:00 am:広島駅から電車+フェリーで宮島へ(約30分)

広島県廿日市市宮島口1-11-5

移動▶広島駅→宮島

JR「広島」駅から山陽本線に約30分乗車して「宮島口」駅下車。「宮島口フェリー乗り場」まで徒歩約6分。フェリーに約10分乗車して「宮島」下船。

10:30 am - 4:30 pm:宮島観光(半日)

古くから信仰の島として知られる「宮島」は日本三景のひとつである景勝地。島全体が国の特別史跡・名勝に指定されていますが、特にシンボル「嚴島神社」は世界遺産に登録された国内屈指の名所です。海を敷地とした大胆な配置と美しい建築美で知られる名社で、朱塗りの社殿や大鳥居は、潮が満ちると海に浮かんでいるように見えることが特徴。そのほかにも古刹「大聖院」などの見どころをめぐったり、島全体に生息している鹿とふれあったり、半日たっぷり観光しましょう。

10:30 am - 4:30 pm:宮島観光(半日)

広島県廿日市市宮島町1-1

嚴島神社(いつくしまじんじゃ)

嚴島神社といえば海に浮かぶ鳥居が有名ですが、干潮時と満潮時で景観がガラリと変わるのも魅力。満潮時は青い海に浮かぶ朱色の鳥居が神々しく、干潮時は鳥居の下まで歩いていくことができますよ。それぞれの時間をチェックして、ぜひ両方の景色を堪能してくださいね。
もちろん鳥居だけでなく、社殿も見どころがたくさん!海の上に建てられている社殿は赤い柱が整然と並び、とても神秘的ですよ。もし干潮時に観光するなら、「鏡池」を見るのも忘れずに。社殿の下から水が湧き出ている場所が3か所あり、干潮時にはまるで丸い鏡のように、そこだけ水をたたえています。普段は海の中なのに、水が湧いているなんて不思議ですよね。

嚴島神社(いつくしまじんじゃ)

広島県廿日市市宮島町1-1

大聖院(だいしょういん)

正式名称:多喜山水精寺大聖院
宮島にある寺院の中で最も歴史が古いのが、この大聖院。嚴島神社の出口から徒歩10分ほどです。写真は、大聖院の大師堂の地下にある遍照窟。天井から無数の明かりが吊るされ、薄暗い中に無数の仏像が並んでいます。
本堂にある「砂曼荼羅」の色鮮やかな美しさを見た後は、ぜひ「戒壇めぐり」も体験してみましょう。本堂の地下へと続く階段を下り、真っ暗闇の中を左手で壁を触りながら前に進んでいきます。通路の壁にぼんやりと観音様が浮かんでいる場所で手を合わせてお参りするのですが、暗闇の中を進んでいくのはかなり怖いもの。しかし、暗闇だからこそ自分を顧みて罪を払う精神修行になるそうですよ。出口の光が見えると、元の世界に帰ってこられたようでほっとすることでしょう。

大聖院(だいしょういん)

広島県廿日市市宮島町210

弥山(みせん)

嚴島神社とともに1996年に世界遺産として登録された弥山。手つかずの自然が残る原始林には、史跡や奇岩怪岩などが点在しています。もちろん歩いて登ることもできますが、ロープウエーもありますよ。ここでの見どころは、弘法大師が100日間の修行をしたという弥山本堂や、1200年以上も燃え続けているという「消えずの火」。
そこからさらに山頂を目指していくと、不動明王が安置された不動岩や巨大な岩のアーチとなっているくぐり岩が見えてきます。自然がつくり出した雄大な造形を目のあたりにできますよ。山から見下ろせる穏やかな瀬戸内海も絶景です!

弥山(みせん)

広島県廿日市市宮島町

観光途中で宮島グルメを食べよう

島内には多彩な飲食店がありますが、オススメは多くの食事処やお土産店が軒を連ねる「表参道商店街」。店頭で焼かれる香ばしい匂いがたまらない焼きガキなど、食べ歩きグルメが充実しています。また、宮島名物「あなごめし」も忘れずに食べたいメニュー。タレで炊き込んだ米飯のうえに、甘いタレをつけて焼いたあなごの切り身を乗せた逸品です。ミシュランガイド掲載店「ふじたや」などがオススメ!

ふじたや

広島県廿日市市宮島町125-2

移動▶宮島→宮島口駅→八丁堀駅

「宮島」からフェリーに約10分乗車して「宮島口フェリー乗り場」下船。JR「宮島口」駅までは徒歩約6分。JR山陽本線+広島電鉄に約45分乗車して「八丁堀」駅下車。

6:00 pm:お好み村(約60分)

八丁堀駅から徒歩3分

宮島観光を終え、広島市内に戻ったら名物「お好み焼き」を食べに行きましょう!オススメは24もの人気店が集まった「お好み村」。ビルの2階〜4階に所狭しとお店が並び、辺り一面に香ばしい匂いを漂わせています。ココ!と決めて狙い撃ちするも良し、食べ比べを楽しむも良し。きっと満足できるはずです。その後は再び電車に乗車し、広島駅周辺の宿に宿泊しましょう。

6:00 pm:お好み村(約60分)

広島県広島市中区新天地5-13

移動▶八丁堀駅→広島駅

「八丁堀」駅から広島電鉄に約10分乗車して「広島駅」駅下車。

【2日目】7:00 am:広島駅

2日目は定番の観光スポットをめぐるコース。まずは「原爆ドーム」へと向かいます。

【2日目】7:00 am:広島駅

広島県広島市南区松原町

移動▶広島駅→原爆ドーム前駅

JR「広島」駅から広島電鉄「広島駅」駅まで徒歩約5分。約20分乗車して「原爆ドーム前」駅下車。

8:30 am - 9:30 pm:原爆ドーム(約60分)

広島市中心部の河畔にある「原爆ドーム」は、第二次世界大戦末期の1945年8月6日、世界初の原子爆弾投下によって大破した建物。当時のままに保存されており、世界文化遺産にも登録されています。世界平和への祈りを込めた広島の象徴です。周辺には原爆死没者慰霊碑や資料館などがあります。

原爆ドーム

広島県広島市中区大手町1-10

10:00 am - 3:00 pm~4:00 pm:広島城&広島周辺観光(約4〜6時間)

原爆ドームから徒歩約10分

続いては広島のシンボル「広島城」へ向かいましょう。築城は1589年、当時は優美な姿をしていましたが、原爆によって天守閣が全壊。現在は復元され、武家文化などを紹介する歴史博物館になっています。
また、この日は夕方から夕陽の名所に向かうので、日没時間を計算してそれまで市内散策を楽しみましょう。名園「縮景園」や隣接の「広島県立美術館」など多くの見どころをめぐったり、カフェタイムやおみやげ探しなどもいいですね。

「広島城」天守閣観覧料:大人370円(税込)、シニア(65歳以上)180円(税込)、高校生180円(税込)、中学生以下無料

広島城

広島県広島市中区基町21-1

移動▶広島駅→音戸大橋上バス停

JR「広島」駅から呉線に約45分乗車して「呉」駅下車。「呉駅前」バス停から広島電鉄バスに約25分乗車して「音戸大橋上」バス停下車

5:00 pm:音戸の瀬戸公園で夕陽を眺める

「音戸大橋上」バス停から徒歩すぐ

続いては夕陽の名所として知られる呉市の名勝地「音戸ノ瀬戸公園」へ。このあたりの海は海上交通の要所ですが、昔は陸続きだった場所。言い伝えでは、有名な武将「平清盛(1118年〜1181年)」が日宋貿易の船を通すため谷間を運河に作り替えたそうです。工事をその日のうちに完成させる必要があったため、沈みゆく夕陽に向かって金の扇をかざし「太陽を呼び戻した」という伝説が残っています。園内で最も高い場所「高烏台展望台」には清盛の像がそびえ立っており、ここから美しい夕景を眺めることができます。夕陽のきれいな時刻の目安は、春6:00 pm台、夏7:00 pm台、秋・冬は5:00 pm台など。日の入り時刻はこちらを参考にしてください。 日が暮れたら再び広島駅に戻り、旅のしめくくりとして夕食やお酒を楽しんでくださいね。

5:00 pm:音戸の瀬戸公園で夕陽を眺める

広島県呉市警固屋

移動▶音戸大橋上バス停→広島駅

「音戸大橋上」バス停から広島電鉄バスに約25分乗車して「呉駅前」バス停下車。JR「呉」駅から呉線に約45分乗車して、起点「広島」駅下車。

広島電鉄電車全線や路線バスに1日自由に乗り降りできる「広島ピースパス(大人700円(税込))」などお得なきっぷの情報もチェックしてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!