WOW! JAPAN

秋のもみじ狩りを楽しむならココ!広島のおすすめスポット5選

秋に日本を訪れるなら、紅葉を楽しむ「もみじ狩り」がオススメ。山々や自然のなかに広がる色とりどりの紅葉は感動モノの美しさです。今回は広島県にあるオススメの紅葉スポット5つをピックアップしてみました。

2017.08.31
お気に入りに追加

1. 帝釈峡

中国山地のほぼ中央に位置する渓谷。帝釈川流域とその中央、神龍湖からなり、四季を通して美しい自然景観を楽しめるスポットです。秋には紅葉の名所として知られ、多くの観光客で賑わいます。オススメは神龍湖の遊覧船からの紅葉観賞。さらに、湖畔沿いにある紅葉樹のトンネル(延長1.5km)もキレイですよ。

見ごろ:10月下旬~11月中旬
遊覧船(神龍湖周遊)乗船料:大人(中高生含む)1,200円、小人600円



2. 佛通寺

臨済宗佛通寺派の有名寺院。県内屈指の紅葉の名所として知られ、秋になると参拝者・観光客が多く訪れるスポットです。モミジやカエデなどが黄色・朱色・赤色と色とりどりに色づき、境内や参道を彩ります。紅葉シーズンのみ拝観料が必要です。例年11月には夜間ライトアップも行われます(2017年度の開催詳細未定)。

見ごろ:11月上旬~11月中旬
拝観料:大人300円、学生(中学生以上)200円、小学生以下無料



3. 縮景園

広島駅から徒歩15分と市街地にありながら、豊かな自然景色を楽しめる名勝「縮景園」。広島藩主が1620年頃に別邸の庭園として築成したもので、秋には紅葉が美しく色づくスポットです。見頃のシーズンには例年「もみじまつり」も開催され、ライトアップされた庭園を散策することができます(2017年度の開催詳細未定)。

見ごろ:11月中旬~11月下旬
入園料:大人260円、高・大学生150円、小・中学生100円



4. 三段峡

西中国山地の原始林に切り込む形で位置する「三段峡」。全長16kmにわたる大きな峡谷で、秋には周囲一帯が美しく紅葉します。「五大壮観」と呼ばれる二段滝や三段滝など5つの水辺の名所と、色鮮やかな紅葉が調和する光景は、一見の価値ありです。

見ごろ:10月下旬~11月中旬



5. 宮島・紅葉谷公園

世界遺産・厳島神社のある「安芸の宮島」に位置する公園。原始林の麓にあり、秋になるとその名にふさわしい色鮮やかな紅葉景色を楽しむことができます。敷地内には、イロハモミジなど多様な種類の紅葉樹が約700本もあり、美しい彩りで訪れる人々を魅了します。

見ごろ:11月中旬~11月下旬


いかがだったでしょうか?豊かな自然に恵まれた広島では、それぞれに個性のある紅葉風景を楽しむことができます。ぜひ旅のプランに取り入れてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nakamura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!
  • 九州モデルコース

おすすめ記事