WOW! JAPAN

福岡の名所・太宰府天満宮のほか定番スポットを巡る1日モデルコース

魅力的なスポットや美味しいグルメに事欠かない観光都市・福岡。今回は年間800万人もの参拝者が訪れる「太宰府天満宮」のあるエリアをはじめ、定番の観光名所を効率よく巡るモデルコースをご提案します。

2018.05.24

9:30 am頃:移動▶西鉄福岡駅→太宰府駅

西鉄福岡駅から西鉄天神大牟田線急行に約18分乗車、西鉄二日市駅直通で西鉄太宰府線に乗り入れ、約8分乗車、太宰府駅下車

【関連記事】

旅する前に知っておきたい!福岡県の基礎知識

10:00 am頃:太宰府天満宮で参拝

太宰府駅から徒歩5分

まずは福岡を代表するスポット「太宰府天満宮」への参拝から旅をスタート。こちらは「学問・至誠・厄除け」の神様である菅原道真公を祭神として祀る神社です。築400年以上の歴史を誇る国指定重要文化財「本殿」や、神木としてたたえられる梅、頭をなでると知恵が授かるという信仰のある「御神牛」像など、見逃せないポイントがたくさん。

【関連記事】

福岡随一の観光スポット「太宰府天満宮」の楽しみ方


10:00 am頃:太宰府天満宮で参拝

太宰府天満宮の参道へ

参拝のあとには、飲食店やおみやげ店がずらりと軒を連ねる参道に立ち寄り、休憩やショッピングを楽しむのがオススメです。

▼(参拝+参道観光)滞在時間(目安)▼
1時間


太宰府天満宮の参道へ

移動▶太宰府駅→都府楼前駅

太宰府駅から西鉄太宰府線に約7分乗車、西鉄二日市駅で西鉄天神大牟田線に乗り換え、約1分乗車、都府楼前駅下車

11:15 am:「まほろばの里 大蔵」でランチ

都府楼前駅から徒歩5分

続いては人気の日本料理店でランチを堪能しましょう。「まほろばの里 大蔵」は四季折々の旬の素材をふんだんに盛り込んだ、目でも舌でも楽しめる華やかで美味しい和食を提供するお店。おすすめは、和食のコース料理「花ごよみ(2,300円(税込))」。前菜からはじまり、お刺身や天ぷら、デザートなど多彩な料理を楽しめます。

▼滞在時間(目安)▼
1時間15分

11:15 am:「まほろばの里 大蔵」でランチ

移動▶都府楼前駅→大濠公園駅

都府楼前駅から西鉄天神大牟田線に約14分乗車して大橋駅で西鉄天神大牟田線特急に乗り換え、約6分乗車して西鉄福岡駅で福岡地下鉄空港線に乗り換え、約3分乗車して大濠公園駅下車

1:30 pm:大濠公園日本庭園を鑑賞

大濠公園駅から徒歩10分

続いて向かうのは風光明媚な日本庭園です。かつては福岡城の外濠であった場所に造成された「大濠公園」が擁する庭園で、1984年に開園。約1.2haの敷地面積に樹林や池、滝などが配されています。また、大濠公園の園内も散策にはぴったりの場所。池でボートに乗るのもおすすめですよ。

ボート料金例:手こぎボート 30分600円(税込)など

▼滞在時間(目安)▼
1時間30分



1:30 pm:大濠公園日本庭園を鑑賞

移動▶大濠公園駅→中洲川端駅

大濠公園駅から福岡地下鉄空港線に約5分乗車、中洲川端駅下車

3:20 pm:キャナルシティ博多でショッピング

中洲川端駅から徒歩10分

夕食までの時間は、博多の人気スポット「キャナルシティ博多」でショッピングなどを楽しむのがおすすめ。285店舗の専門店を有する大型複合商業施設で、ファッションなどのショップのほか、飲食店や映画館、劇場、アミューズメント、ホテルなどが入っています。
また、館内の「キャナルツーリストラウンジ」では訪日外国人旅行客向けの観光案内所や、厳選されたおみやげ品の販売など、多彩なサービスを提供。英語・中国語・韓国語対応可能なスタッフもいるので安心ですね。

▼滞在時間(目安)▼
2時間


3:20 pm:キャナルシティ博多でショッピング

5:30 pm:中州の屋台で夕食&お酒

キャナルシティ博多から徒歩5分

だんだんと日が暮れてくると、博多の路上のあちこちで灯りがともされていくのが、福岡名物「屋台」。仕事帰りの会社員から観光客まで、さまざまなひとびとがお酒や食事を楽しみに集まってきます。メニューは豊富で、おでんや焼き鳥など多様な種類を楽しめますよ。お酒を楽しんだあと最後にラーメンで締めるのが博多流ですが、もちろんお酒を飲まずに食事だけでも歓迎されます。ぜひ福岡の旅の夜は、この「屋台」で締めくくってみてくださいね。

▼滞在時間(目安)▼
1時間30分

【関連記事】

初心者でも安心!気軽に楽しむ福岡屋台の歩き方



5:30 pm:中州の屋台で夕食&お酒

帰路へ

食事とお酒を楽しんだら、西鉄福岡駅へと戻りましょう。中州の屋台エリアからは歩いて約15分程度です。

いかがでしたか?ビギナーの方など、具体的な観光プランを知りたい方にとって参考にしていただきやすいコースを提案してみました。ぜひ実際に足を運んでみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nakamura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!