WOW! JAPAN

福岡のおすすめお花見スポット5選

日本で春といえば、花見の季節。福岡では例年3月下旬から4月上旬にかけて桜が見ごろを迎えます。今回は、福岡の花見に最適なおすすめのスポットをご紹介します。

2017.03.09

1. 西公園

日本さくら名所100選にも選ばれた福岡市にあるこの公園は、市内髄一の花見の名所。春には約1,300本もの桜が咲き誇り、多くの花見客でにぎわいます。公園全体が丘陵地となっているため、展望広場から博多湾や能古島(のこのしま)、志賀島(しかのしま)が一望できるのも魅力。一面に広がる桜と高台からの絶景は、旅の良い思い出になること間違いなしです。


2. 白野江(しらのえ)植物公園

北九州市門司区にある、丘に位置する緑豊かな植物公園。公園内は和を意識してデザインされ、情緒豊かな雰囲気のなか、散策を楽しむことができます。園内では樹齢400年の県指定天然記念物・白野江のサトザクラをはじめ、花見の代表種ソメイヨシノ、早咲きの寒桜や河津桜など約60種800本もの桜があり、他に類を見ないほど多くの桜の品種が充実しています。桜を心ゆくまで堪能したい方に訪れていただきたい花見スポットです。


2. 白野江(しらのえ)植物公園

3. 勝山公園

小倉城を中心として広がる、紫川と一体となった、小倉市のシンボル公園。こちらも春には見事な桜が堪能でき、人気のお花見スポットとして知られています。桜の開花時期に合わせて例年「小倉城桜まつり」が開催され、期間中は、約300本の桜がある天守閣(城の中心となる構造物) 前広場で、「ふるさとうまいもの市」、歌や踊りのイベントなども行われます。にぎやかな雰囲気に花見気分も盛り上がりますよ。夜間にはライトアップされ、幻想的な夜桜が鑑賞できます。


4. 発心公園

古くから桜の名所として親しまれてきたこの公園は、福岡県久留米市にあります。江戸時代(1603年~1868年)には歴代藩主(藩は、江戸時代に諸侯が治めた領地の区分、およびその統治組織。藩主とはその主)が観桜をしたことで有名。自然豊かな園内には、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど約170本の桜が咲き乱れ、色鮮やかな景色を楽しめます。屋台などはそれほど出店しないので、静かに桜を楽しみたい方におすすめ。秋の紅葉も見事なので、機会があればぜひ訪れてみてください。

5. 舞鶴公園

1601年に武将 黒田長政が築城した福岡城跡を中心とする公園です。約500本の桜が植えられており、春には大勢の花見客が訪れる人気の観光スポット。夜間にライトアップされた桜の美しさは圧巻!ソメイヨシノ、シダレザクラなどの桜が鑑賞できます。園内には広大な緑地と、福岡城址や平安時代(794年~1185年)の迎賓館であった「鴻臚館(こうろかん)」跡に展示館などがあり、豊富な文化財や歴史にも触れることができる公園です。


いかがでしたか?桜のシーズンは、長時間屋外にいると寒く感じる気候なので、ゆっくり桜を鑑賞する時はしっかり防寒対策をすると良いでしょう。今回の記事を参考に、ぜひお気に入りの場所を見つけてみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: o-dat

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!