WOW! JAPAN

福岡

観光

福岡から足を伸ばしていけるおすすめ観光スポット5選

2016.08.04

Writer name : KAMIOKA

福岡周辺にもにも魅力的な都市や観光名所が盛りだくさん。今回は博多駅から電車等で片道1~2時間の、日帰りで行けるおすすめスポット5選をご紹介します。

1. 姉子の浜(鳴き砂)

砂の上を歩くと「キュッキュッ」と砂が鳴いているような不思議な音が鳴る「姉子の浜」。これは、石英の摩擦によるもので、きれいな浜でしか鳴かないといわれています。かつては全国で約90所あった鳴き浜も今では20か所と貴重な存在になっています。「姉子の浜」でも、環境の変化によって1960年頃に鳴かなくなってしまい、清掃活動や地域住民の努力によって1994年頃から再び鳴き始めたという浜です。砂浜は長さ1.1km幅約20mで、国道202号線沿いに弓状に広がり、夕日の美しい場所としても知られています。住民の努力により再び取り戻した鳴き砂の音に耳を傾け、玄界灘の美しい夕日を堪能してください。

※写真はイメージです。


1. 姉子の浜(鳴き砂)


糸島市公式ホームページ

2. 秋月城下町

1185年~1868年頃まで栄えた城下町の景観が守られ、小京都と言われる「秋月城下町」。観光地として飾り立てていないこの街は徒歩で散策しながらめぐるのがおすすめ。国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定され、秋月城跡や武家屋敷などが大切に残されていて、主な観光スポットを1時間ほどで回れます。城前の約500mの直線の道「杉の馬場」は、武士(侍)たちの馬術の稽古場で、現在は桜並木になり、毎年多くの花見客で賑わいます。1600年頃のものと言われ、街の景色に溶け込む川岸や田んぼにある苔むした石垣をはじめ、町割、水路網、道路網、立ち並ぶ古い建物も当時のまま。江戸時代(1603年~1868年)にタイムスリップしたような「秋月」。史跡だけでなくゆっくりと散策しながらかつての城下町の雰囲気を味わってほしい観光地です。

※写真は秋月城跡長屋門


2. 秋月城下町


朝倉市公式ホームページ

3. 立花氏庭園

400年以上続く立花家の庭園。現在は屋敷全域が国の名勝に指定され、保護の対象となり、貴重な歴史遺産です。池庭に大小の中島や岩島を配置して大海を象徴し、1500個の庭石と280本の松から成り立つ華麗な日本庭園の「松濤園」が有名。ここは冬の間には野鴨が飛来し、情緒ある光景を楽しむことができます。また西洋館の正面玄関に続く日本建築の「大広間」、当時の要人を迎え入れた立花家の迎賓館「西洋館」、立花家資料館を見学できます。庭園や建築物を見学した後は、「松濤園」を眺めながら柳川郷土料理を食べられる「レストラン対月館」へぜひどうぞ。時代の流れとともに、大名(武士)から伯爵となり、その屋敷を開放し、今にその歴史を伝える水郷柳川の観光拠点です。
入場料は500円ですが敷地内の「柳川藩主立花邸 御花」の宿泊客は無料になります。


3. 立花氏庭園


柳川藩主立花邸 御花公式ホームページ

4. 柳川川下り

柳川には川下りの乗り合い舟を出している会社がいくつかあり、乗る人数やコース、会社によって料金が多少違いますがおおよそ1,500円前後位です。竹竿一本で操る船で、途中頭を低くして橋の下を通過したり、他の船と何度もすれ違ったり、水面すれすれを行くなかなか楽しめる川下り。雨の日には、合羽が貸し出され、冬には、こたつ(暖房付のテーブル )に入りながら観光できます。また、夏の夜にはお酒を飲める「灯り舟」が出ますよ。運が良ければ「嫁入り舟」と言って結婚式に向かう新郎新婦を乗せた船に出会えるかも。船頭さんの話や歌を聞いたり、すれ違う船や、人とあいさつを交わしたりアットホームな時間を過ごせるおすすめの観光です。


4. 柳川川下り


柳川観光開発株式会社公式ホームページ

5. 門司港レトロ

120年前に開港し、日本3大港(神戸・横浜・門司)に数えられるほど栄えた門司港。当時のモダンな建物が多く残り、エキゾチックな雰囲気漂う観光地として人気です。国際貿易港として欧州の船も出入りし、西洋と東洋が混ざったメニューが数多く生まれました。中でもご飯の上にカレー、チーズ、卵を乗せてグラタン風に焼いた「焼きカレー」は門司港発祥の名物。また門司港では、週末を中心に様々なイベントが行われ観光客でにぎわいます。かつて高級品だったバナナをオークション形式で販売していた「バナナの叩き売り」が再現されているのでリズムのいい口上を聞きながら参加してみては。120年前のレトロな街並みと新しい街が融合し、観光、グルメ、宿泊と楽しめる港町です。散策から夜のライトアップまでお楽しみください。


5. 門司港レトロ


公式ホームページ

福岡から日帰りで行けて、しかも見ごたえのある観光地を集めました。ぜひ足を延ばしてお立ち寄りくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事