WOW! JAPAN

福岡で鍋が美味しいお店5選

具材を鍋で煮ながら食べる「鍋料理」は、福岡・博多で愛されている料理の1つです。特に、牛や豚のモツ(内臓肉)を使う「もつ鍋」や、鶏肉を使う「水炊き」が有名。ぜひ食べてほしい鍋料理のお店5選です。

2016.12.08
お気に入りに追加

1. もつ鍋 こばやし

こちらは、鹿児島県産黒毛和牛専門店。高級な黒毛和牛から取れるモツは、プリプリとした食感が楽しめます。また、秘伝のスープは、牛ガラ・昆布・野菜などから数時間かけて取ったもの。あっさりした中に独特のコクのあるスープは、モツと野菜に味がなじみやすく、飽きのこない美味しさです。「もつ鍋(1,200円(税抜))」のスープの味は、味噌・醤油・チゲ・カレーの4種類から選べますが、一番人気は味噌。お試しあれ!

2. 博多水炊き 濱田屋

さっぱりとしていながら、コク深い鶏肉のおいしさを味わえる水炊きのお店です。鶏肉は、臭みがなく、鶏のうまみがしっかり感じられる「生後90日の赤鶏」のもの。新鮮な鶏ガラから取ったスープは透明で、鶏のエキスがたっぷりと溶け込んでいます。仲居さん(旅館や料亭などで給仕や接待をする女性)がテーブルについて鍋の世話をしてくれるので、まずは基本の「水炊きセット(2,300円(税込))」で、おもてなしのサービスと水炊きを味わってみては?

3. 博多もつ鍋処 梟(ふくろう)

鮮度・うまさ・食感にこだわって厳選した、牛の小腸を使うお店。自慢の鍋は、魚介と塩味のあっさりスープに山芋をすった「とろろ」がトッピングされている「梟雪見鍋(1,480円(1人前・税込))」。味噌味や醤油味もあり、蒸気で蒸すスープのない鍋もあります。また、モツが苦手な人には、豚、骨付き鶏、鶏つくね(肉のすり身を丸や棒状に成形した練り物料理)、フランス鴨なども用意されています。ただし、鍋は2人前から注文可能なので、友人と連れだってどうぞ。

4. 手仕事屋 ちゃぶだい

食べ放題、飲み放題のお店。制限時間は2時間〜3時間で、料理約50品と飲み物約80品の合計130品が食べ飲み放題です。しかも、価格は2,280円(税込)からと驚きのリーズナブルさ。もつ鍋のスープは3種類から選べます。あっさりとした味わいがモツの濃厚さを中和する醤油味、さっぱりとした塩味、そして韓国風のピリ辛味噌とんこつ味。お好みはどのスープ?鶏の手羽を煮込んだ「トロ手羽」も人気です。

4. 手仕事屋 ちゃぶだい

5. もつ鍋 笑楽(しょうらく) 博多駅店

九州産の極上和牛のモツを使う、もつ鍋専門店。牛の小腸のほかに、ミノ(第1胃)、センマイ(第3胃)を絶妙にブレンドしています。スープは創業以来30年受け継がれる、鶏ガラから取った秘伝の出汁をベースに各種調味料で味を調えた、醤油、味噌、塩の3種類。野菜にもこだわっていて、もつ鍋には珍しい具材、ゴボウが入るのが特徴です。ランチメニューも豊富で、特に「もつ鍋定食(1,070円(税抜))」がおすすめ!

5. もつ鍋 笑楽(しょうらく) 博多駅店

どのお店も肉はもちろん、具材の野菜にもこだわっています。野菜がたっぷり摂れることも鍋料理の魅力の1つ。モツや鶏肉など、鍋料理では肉類がメインになりがちですが、ぜひ野菜もじっくり味わってください!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: KUS

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!
  • 九州モデルコース

おすすめ記事