close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

広島・岡山・山口・島根・鳥取の5県より構成される「中国地方」には、旅行客にも地元民にも人気のたくさんの名物料理があります。今回はなかでもとくにオススメしたい名物グルメ5選をご紹介したいと思います!

1. お好み焼き(広島)

まずは全国的に有名な、広島の「お好み焼き」をご紹介します。概要は、水で溶いた小麦粉の生地をベースに、野菜・肉・魚介など様々な具材を用いて鉄板で焼くというもの。関西地方・大阪の名物としても知られていますが、広島のものとは作り方などが異なります。
大阪では生地と具材を一緒に混ぜてから焼きますが、広島ではクレープ状に薄く焼いた生地と具材を重ね上げて焼いていくスタイルです。また、具材にも違いがあり、大阪では肉(豚・牛)とキャベツがメインなのに対し、広島のものは「そば(中華麺)」とキャベツ・もやしなどの野菜がメイン。ソースも大阪のものより甘めのものが多く使われ、パリパリとした食感と香ばしい風味によく合います。

2. 祭り寿司(岡山)

続いては、岡山の郷土料理「祭り寿司」をご紹介します。酢飯の上に10種あまりの具材を散らした、華やかで豪勢なお寿司です。具材としてポピュラーなのは、瀬戸内海産の魚介類「海老・いか・穴子・たこ・ママカリ(ニシン科の小魚)」などや、地元で獲れた野菜「椎茸・蓮根」、「錦糸卵(薄焼き卵の千切り)」など。お祭りや祝い事の際によく作られたことからその名が付けられましたが、そのほか「ばらずし」・「岡山ずし」などとも呼称されます。

3. ふぐ料理(山口)

続いては、山口県を代表する名物グルメ「ふぐ料理」をご紹介。淡泊ながら繊細な旨味をもつ高級魚です。ふぐの種類の多くは内臓に毒をもっていますが、特殊免許をもつ料理人のみが調理し、しっかりと取り除いて提供されます。
最も美味しい旬は「冬」で、主に秋から春までが食べ頃とされていますが、現在では一年中提供している店も多くあります。薄切りにした刺身や、頭・骨でとられたスープで野菜と一緒に身を煮て食べる鍋、鍋のあとのスープに米飯を入れて煮た雑炊などがポピュラーなメニューです。

4. 出雲そば(島根)

続いては島根の名物そばをご紹介します。一般的なそばよりも色が黒っぽいことが特徴で、その理由は殻のついたそばの実をそのまま製粉しているから。芳醇な香りと独特の食感を楽しめます。食べ方は大きく分けて下記の2つがあります。

割子そば:冷たいそばにつゆをかけ、ネギなどの薬味とともに食べる方法。何段かに重ねられた器にそばが入っており、一段目を食べ終えたら残ったつゆを二段目の器に移し、さらにつゆと薬味を足していきながら最後まで食べます。
釜揚げそば:茹でたての温かいそばに「そば湯(そばの栄養が溶け出した茹で汁)」を入れ、つゆや薬味をかけて食べる方法です。

5. かにめし(鳥取)

最後は、鳥取の冬の味覚を代表する「カニ」を使ったお寿司をご紹介します。カニの漁獲量日本一で知られる鳥取ならではのご馳走です。主な具材はもちろんカニの身ですが、ご飯に混ぜ込まず上にのせるだけのものや、ほぐした身を全体に混ぜ込んだものなど様々。ご飯も酢飯の場合もあれば、カニのだしでご飯を炊き込んだものもあります。お店で提供されるメニューとしてはもちろん、駅弁でも食べることができますよ。

いかがでしたか?今回ご紹介したグルメは、各地の主要観光地や主要駅周辺の飲食店などで食べることができますよ。ぜひ挑戦してみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!